カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

<<第6回泉ヶ岳TT | BLOG TOP | あえて跳ぶじゃなくて飛ぶと書きます。>>

                  
DATE: CATEGORY:ジャンプ・コンバインド
誰かが「ジャンプ」って言ってるのを聞くと
「ん???  あー少年の方か…」  って。



ワロタです。更新遅くなりました。

先週も(今週になるのかな。)日曜日にジャンプ練習に鹿角に行って参りました。
袖野さん、宮崎さん、樹さん、高道さん、自分の五名で行って参りました。
袖野さんと樹さんの運転です。お疲れ様です。



午前
自分は一人スモールだったので、少年団の方にお願いして合図だしをしていただきました。
自分の横を先輩方がミディアムでバンバンとんでいるのを見ていると気合が入りますね。
ランバン数本滑ったあと少年団の方が帰られたので、スモール(小)で一人でとんでいました。
前回よりも正気で(というより恐怖を感じずにといった方がいいかも)とべるようになったと感じました。
しかし、成長を感じたのはここまで。実際は前回以上にうまくいかず(要するに転びまくったということ)、さすがにへこみました。

午後
きちんと基礎からということでランバンからはじめました。そして、初ジャンで滑れなかったミディアムのランバンを滑りました。
体が慣れてきたせいか、特に恐怖も感じませんでした。
(これで一歩ミディアムに近づけたかなぁ…)

ということで再びスモール(小)へ。

…やはりうまくいかない。転ぶ転ぶ。ようやく午後4本目にして着地。(この時は結構うれしかった。)

しかしそれっきり…

心が折れかかっていると、そこに一筋の光が!
宮崎さんです。自らの練習を早めに切り上げ、自分の練習を見にきてくださいました。
前回のともやさんといい、よもぎさんといい、そして今回の宮崎さんといい、
自分がいかに素晴らしい先輩に囲まれているか、つくづく実感しました。

宮崎さんのおかげで、なんとか着地できるようになり、さっきまでの自分がうそのように感じました。
また一歩成長できたと思います。ありがとうございます。
最後、切り上げるのが遅くなり、先輩方や施設の方を待たせてしまって、申し訳なく思いました。
が、自分個人としては非常に充実した練習でした。

毎週こうやって練習に来られて、一人でとんでるとミディアムの方から声かけてくれる先輩ばかりで
本当に恵まれた環境で練習できているというのを感じました。

あ、一つ言い忘れていたことが。
「とぶ」って言っているけれど実際自分のジャンプなんてジャンプじゃない。落ちてるだけ。
まぁ、言わなくてもわかるか…

さて、自分のことはさておき。ここからが本題と言っていい。
一年生。部門決定はまだだぞ!まだ決まってないぞ!ジャンプへ行こうじゃないか!
初ジャンだけじゃジャンプの魅力が伝わらないって先輩が言っていたけれどそれが少しわかった気がする…
あと一回は来てほしいと思う。(本当は二回くらい来てほしいけど。)
アルペンに決めちゃった君たちとか
ローラー熱心なドンキーとか、
ローラー熱心なドンキーとか、
ローラー熱心なドンキーとか、
何なら女子だっていいんだよ。
もう一回ジャンプ行こうよ。
澤木、ジャンプくるってよ。

決めちゃうのはまだ早いと思うなぁ…

本音言うと一人じゃさみしいなぁー


なんかアホ丸出しの文だな。


ま、許してやってください。失礼しました。
コメント

ジャンプ練,おつかれさま!
文章かわいいなw
って思ったけど,そこから既に
ジャンプに熱中しているのがわかります。

宮崎さんのよいしょブログだな(笑)

これからも頑張ってくれワロタ!
最初はみんなランバンから始まるのだ。

んー、一年生の同期がいた方がいいかもね。
でもウザいだけかもよ(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.