カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
26位
アクセスランキングを見る>>

<<鍋(ダニ汁) in 部室ギャルオケ | BLOG TOP | 僕の漸進的過渡期>>

                  
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
今朝、泉ヶ岳にローラーをしに行きました。

昨日の練習の時に「ずっと登り」という話を聞いていたので、不安を感じつつ部室に向かいました。
朝6時、部室に集まったメンバーは、車を出して下さった柴崎さん、丸島さん、保田さん、出口さん、武井、天野でした。

泉ヶ岳に着くと早速練習が始まりました。
丸島さん、出口さん、武井はスケーティング、保田さんと私はクラシカルでした。
「結構長いから、1時間以上かかるんじゃない?」という話で、たぶん途中で迎えに行くから自分のペースで行くようにと言われました。

スタート地点でローラーを履いて行く先を見ると、今までの練習場所とは比べものにならないような斜度の上り坂でした。そんな坂でも保田さん、出口さんはどんどん登って行き、あっという間に見えなくなってしまいました。
私のクラシカルは手と足がばらばらでへなちょこなので、正直なところ、登れる気がしないと思いましたそれでも登らないわけにはいかないので、少しづつ登り始めましたが、やはりなかなかうまく登れません。
丸島さんが「少なくともトンネルまでは頑張ろう!」と辛がっている一年二人に声をかけてくれました。

とにかく頑張って登るしかないなと覚悟を決め、登りました。練習前に保田さんから「ばたばたやっても途中で疲れて登れなくなっちゃうから普段みたいにダイアゴナル練習する感じでやってね」と言われていたので、不自然なポールの動きをなんとかしないと、と思い、普段見ている保田さんの動きを思い出しながらやりました。

登っても登っても道は続いていて、いつまで登ればいいんだろうとつらくなってきた頃、少し手と足の動きがあってきたような感じがしました。その少し後、トンネルに辿り着きました。スタートから約45分でした。とりあえずの目標としていたトンネルについたことで気持ちが楽になり、トンネルから先は斜度がゆるくなっていたので、前半ほどの辛さはなく進んでいくことが出来ました。

トンネルをこえたこと、手と足の動きがあってきたような感じがしたことで気合が入り直りました。迎えが来る前に少しでも先へ進もうと思っていると、丸島さんに「あともうちょっとだよ!ガンバガンバ!!」と言われました。その言葉に半信半疑でカーブを曲がると保田さんの赤いジャージが目に入りました。スタートから約1時間20分後、なんとかゴールすることが出来ました。

丸島さんはずっと武井について登っていたそうで、武井は「一人だったら泣いてました」と言っていました。

今回は本当に辛くて時間もだいぶかかってしまいましたが、ゴールすることが出来たのでうれしかったです。次回以降、少しでも早くゴール出来るように頑張りたいと思います。

最後になりましたが、柴崎さん、車を出して下さってありがとうございました。
以上、天野でした。
コメント

一年ぶりの泉ヶ岳でした。去年のへなちょこさに比べて今年は思っていた以上にスムーズに登ることができました。楽しく終えて良かったと思います。

一年生二人はとても頑張ってました。最後までたどり着けるとは思ってませんでした。さすがねぇさんとギャルオ!!来週も泉ヶ岳に行っちゃいましょう↑↑

伊達にギャル男やってませんヾ( ´ー`)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.