カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

<<鹿角サマージャンプ・コンバインド大会二日目 | BLOG TOP | 11/1 河原ローラー with 藤田さん>>

                  
DATE: CATEGORY:ジャンプ・コンバインド
岡部(@H20卒)です。
突然の書き込み失礼致します。
10月31日~11月1日に2009鹿角サマージャンプ・コンバインド大会が秋田県鹿角市で開催されました。
そのうちの31日に行われたスペシャルジャンプ競技一般男子の部(HS84)の結果を代表して報告致します。


この日の天気は快晴で、前日の大荒れから想像できないきれいなあおいそらでした。
試合開始前(午前10時)の気温は7.3℃、湿度72%でした。
オリンピック代表候補の選手たちも出場していたため、無風にも関わらずスタートゲートの設定は10番でした。(高校生16番、女子21番くらいでした)
飛び出し速度は75km/hという経験したことのない遅さで、みんなで驚きました。


その試合結果は、以下の通りです。

順位 名前 1本目飛距離[m] 2本目飛距離[m] 合計得点
1 小山内佳彦  76.5     78.5     238.0
2 湯本史寿   78.5     74.5     235.1
3 遠藤秀治   73.5     74.5     222.1
4 遠藤晃太   72.5     73.5     216.2
5 船木和喜   76.5     77.0     215.7
6 館岡航平   68.5     74.0     206.5
     (リザルト見てください)
15 久保貴   63.0     67.0     175.0
16 佐貫真悟   62.5     67.5     174.5
17 永井陽一   61.5     62.5     158.3
18 永井健弘   60.5     62.5     155.6
19 黒川友喜   59.5     62.5     153.9
20 宮崎龍生   59.0     62.5     151.3
21 岡田幸治   55.5     60.5     135.1
22 国沢世那   51.5     54.0     113.6
23 岡部昭彦   51.5     54.5     111.7
24 堀井泰之   49.5     55.0     109.4
25 土光悠太   50.5     53.5     109.3
26 坂入俊輔   39.0     37.5       39.8
27 出口幸治   38.0     37.0       33.5

詳しいリザルトは鹿角市のHPにありますのでそちらを御覧下さい。
このような条件でK点(75m)を越える選手たちの技術は信じられないものでした。


ここから、東北大学の選手それぞれのジャンプについてのコメントさせて頂きます。

4年出口のジャンプは1本目、2本目共にやはり満足いくものではありませんでした。
東大の坂入君に少しの差ですが負けてしまったのは悔しいところです。
しかし、出口は複合選手ですので、次の日のコンバインドでは……。
この試合で自分の欠点が浮き彫りとなることで、やるべきことがはっきりとし、非常に良い経験となったようです。
残り少ないサマーシーズンですが、今ある課題をいくつかクリアできればまだまだ大きな成長が期待できるので、最後まで精一杯頑張ってほしいと思います。
インカレでの最高のジャンプを期待しています。


堀井さん(@H18卒)の1本目は、かつてない失敗ジャンプでした。
スタートゲートから堀井さんのジャンプを見ていたのですが、本当に驚きました。
失敗の原因はいろいろあるようですが、欲張ってしまったことが一番悪かったみたいです。
変なところで欲を出すと痛い目を見てしまうようです。教訓です。
2本目は1本目のような大きな失敗ではなかったのですが、やはり納得できるものではなかったようです。
試合後、暗い中であおいそらを何度も繰り返し眺めていた姿が印象的でした。
来年もまた同じ試合で戦いましょう。


自分のジャンプもやはりひどいものでした。
2本目に関しては大きな失敗ではなかった分、自分の力のなさをあらためて痛感しました。

余談ですが、自分はこの試合が学生生活最後の試合でした。
東北大スキー部の方々だけでなく、あげればきりがないほど本当にたくさんの人たちにお世話になってきました。
それにも関わらず、国体出場もインカレの得点すらも叶わず、一度も輝かしい成果をだすことができませんでした。
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
あと何年かかるかわかりませんが、必ず結果を出して詫びたいと思います。



長々と書いてしまいましたが、最初で最後の書き込みなのでお許し下さい。

約束通りちゃんと書きましたので、出口と堀井さん、よろしくお願いします。
では失礼します。
コメント

結果のアップをありがとうございます。大会では、
出場した3人全員が、課題を見つけられましたね。

部への貢献は十分してくれたと思います。今後も、
自分の練習に加え、応援をよろしくお願いします。

来年は70m飛ぶ予定ですので、覚悟していて下さい。

おい!D3なにやってんだ!?
来年が決まっているならともかく…。

そうです。HondaやTOYOTAがF1から撤退したぐらいもったいない。村田さんやふじけんさんのように楽しんでやるべし..いくらでもサポートしますよ。やる気さえあれば。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.