カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

<<勧誘 | BLOG TOP | 新歓準備>>

                  
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
安藤です。

この3連休の間、藤田さんにクロカンを教えていただきました。


で、成果のほうですが...かなり大きいです!

スケーティング、クラシカルともに、上りはこれまでの重さが解消され、

下りは多分2倍速くらいになっちゃいました・・・

しばらくは、教わった動きを体に染み付けるために、走り込みたいですね。

その注目の内容ですが、大まかに書くと以下のような感じです。


20日午後・・・クラシカル

・まずは上り坂で歩いてみる。
 足を曲げ、うまく板に乗れば、例えグリップが甘くても板は止まり、その場で静止できる。
 この状態から曲げた足を徐々に伸ばし、腰を前に持って行く。
 重心が前に移動するため、次の足は勝手に前に出てくる。

・↑ができたら、動きを速くしてジャンプして進む。
 ダイアゴナルは、蹴って進むというより、はねて進むイメージ。

・ダブルポールの基本(その1)
 ポールをできるだけ前に突き、体を伸ばしきる。
 この状態から腹筋で体と足をつけるようにして、足を前に持って行く。


21日午前・・・クラシカル

・平地で片足に乗る練習
 板を滑らせ、停止してから次の足に乗る。それまで板に乗り続ける。
 足を曲げ、柔らかくしなければ、雪面の変化に対応できない。

・ダブルポールの基本(その2)
 ポールに全体重を預け、体を浮かせようとすると、推進力になる。 
 体が浮く(実際には浮いていないが)ため、上り坂でも進行可能。
 ポールを突いてから押す方向は、ポールと腕の間くらい(角の二等分線方向)。
 手はひざより低い位置を通るように。

・平地と斜面の往復
 奇数周回はダイアゴナルのみ、偶数周回はダブルポールと一歩滑走のみで進む。


21日午後・・・スケーティング

・クイックの基本
 板のテールを逆足の踵くらいまで持って行き、歩こうとすると、勝手に板が滑る。
 次の足を引き付ける必要はない。そのまま前に出す。
 これにポールをおまけする。
 逆手のポールの役割は、肩が開かないようにすること。押す方向は板の進む方向で。
 順手のポールは腕を巻き込むような形で突く。
 顔が順手のポールに近づくように、体を前に持っていく。
 板に乗った後すぐに、体は次に蹴って進む側を向く。
 頭は、下側直線的、上側半円(Dを90°回転した形)の軌道で動く。

・スケーティング共通の基本
 板はアウトエッジから乗る。その後フラットを維持し、最後にインエッジで蹴る。
 板を蹴る方向は横。
 ポールは上から雪面に突くのではない。手首で引っ張ると勝手に接地する。

・下りの練習
 下りで休まない。スケーティングして限界まで加速する。
 腰を落として重心を低くすると、安定する。
 カーブは、回数を重ねる毎に、より内側をより速く回れるよう意識する。


22日午前・・・スケーティング

・21日学んだことを意識して、LSD約80分
 自分が前、藤田さんが後ろを走り、フォームを確認してもらいながら走る。
 21日同様、下りは休まず加速する。


と、いう感じです。

わかりにくい表現が多い上に結構詳細な説明になりましたね・・・。


上記のとおり、藤田さんには手取り足取り丁寧に教えていただきました。

藤田さん、本当にありがとうございました。
コメント

安藤お疲れ~
言ったことほぼ全部まとめられてるね@
一人で大変だったかもしれないけど、成果があったようでよかったよかった♪
体力的にもきつい内容だったと思うけど、あれくらいはこなせないと上にいけないから、今後も練習頑張れ!
あの内容の講習会をミ○ラとかですると1万円以上はかかるから、お得な気分になってくださいww
高速が1000円になったら気軽に蔵王に行ける気がする・・・

静岡人さんお疲れ様でした。御指導ありがとうございました。
せっかくのチャンスだったのに、行くことができず申し訳ありませんでした。
次の機会を楽しみにしています。


安藤お疲れ♪
ブログ見たらやっぱり行きたかったなと思いましたi-182
内容アップしてくれてありがとね☆またローラーのときに伝授して下さい。。

申し訳ないというのは、表現が違うよ!
自分が速くなりたいなら、自分に謝るべき。
次の目標は新入生をたくさんスキー部に入れること。
ガンバレー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.