カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
37位
アクセスランキングを見る>>

<<クラシカルTT | BLOG TOP | 蔵王だより>>

                  
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
お疲れ様です、ランナー1年の岡田です。昨日行われたスケーティングの5kmTTの結果について書きます。スノーハープのAコースで行い、雪面は新雪が薄く積もっている感じでした。

それでは結果と反省です。
結果
串田 15'12
高野 15'25
手塚 16'45
松尾 17'00
細井 17'27
白木 17'31
古畑 19'13
岡田 19'43
橘 21'57
SKTTの反省

タイム 21:57:43
今日は体力を持たせられる範囲内で出来る限り速く動くこと、またその中で出来る限り丁寧に滑り、一定の動きをし続けることを意識した。体力を持たせられ、ゴール前でスパートをかけられたのは良かった。しかし、TTの焦りからか、丁寧な滑りをすることに関しては出来ていなかった。具体的には、クイックのときに足の位置が悪いのか、登りで脛やふくらはぎが疲れ、登りきったあとに下りに移る動作が遅れたり、下りで踏ん張れずボーゲンかけて減速して曲がってしまったり、後半でのスーパーやラピッドでは足を身体の真下に運ぶことができず、力強い蹴りが出来なかったといった事があった。この対策として、クイックのフォーム、特にアクセント側の足に乗るときの動きを見直し、脛やふくらはぎに負担がかからないようにすること、また、レースの時の精神状態も見直していきたい。

岡田
タイム19分43秒
今までレースやTTで出来てなかった繋ぎでのスーパーがしっかりとできたのは良かった。下りではカーブが連続すると、特に左回りの曲がりでボーゲンをかけないと曲がれ無くなってしまうのでしっかりと板を動かして曲がる練習をする。クイック時に疲れてくると動きが小さくなり、非インパクトの左足に乗れなくなってしまうので疲れても大きく動くようにする。レース序盤でペースを上げすぎて後半の上りでバテてしまったのでペース配分も考える

手塚 16’45”
スケーティングの形は凄くまとまった感覚がしていた分、結果が出なかったのは残念だった。クイックではピッチが上がると脚をまとめられず、後傾してしまったり、スーパーでは上体を存分に使えなかったりと、本質が伴わない技術だったのかなと言わざるを得ないです。

細井17’27”
前半温存して、後半ギアを変えてスパートをかける予定だったが、前半のペースのまま上げきれずに終わってしまった。クイックで大きく動くことはできたが、スーパーが使えず、手だけの動きになってしまい、体が前に出なかった。また、下りで練習で出来ていた動きや姿勢が出来ず、守ってしまったので、レースでも使えるように下りの技術を身につけたい。

高野 15'25"
ピッチに頼ることもなく、ジャンプクイックのリズムで最後まで滑れたのはよかった。スーパーは体が後ろに残ってしまった。下りでもっと加速できた。平地や緩い下りのカーブでのスケーティングをスムーズに行えるようにしたい。

白木 17'31"
ジャンプクイックのリズムで登る、下りに入る前に必ず漕ぐ、というのを意識してやろうと思った。
はじめの方こそリズムよく登れていたものの、後半からは脚が持たなくなり、ベースでスーパーをしているところをクイックするなどしてしまたり、下りで加速するのもダラダラしてしまい、クローチングに入るまでに時間がかかってしまった。
バテバテではあったものの、ジャンプクイック自体は悪くなく、細かいペース配分を考える事も分かったので、得るものはあったと思います。

串田拓也 15’12
下り坂でスピードを殺さずに攻めることと平地と緩い下りで大きなフォームで滑り、手を抜かないことを意識して臨んだ。平地と緩い下りでの意識は出来たが、下り坂で板を横にズラしてスピードを殺してしまい前を走る人と差が開いてしまった。
また、クイックはつなぎや登りきりでピッチを上げて勢いを生かす滑りが出来なかったので、登り坂でのクイックのメリハリを意識していきたい。

古畑 19'13"
心拍を抑えるためにクイックでピッチを上げすぎずに、一歩を大きくするような滑りをした結果、上半身があまり使えず、脚にかなり負担のかかるクイックになってしまった。その脚の疲労から、下りでもなかなか思うように板操作できず、攻めることができなかった。まだまだクイックのフォームはまとまらないので、レースで使える滑り方をしっかり考えながら練習していきたい。

松尾 17'00"
レース全体のペースを一定に保つことを意識しました。ただ、最後に完全に出し切れたかというと、そうでない部分も否めないので、全体のペースをもう少し上げればよかったかな。
下りのカーブとつなぎで差がついた感も否めない。テクニック不足。
坂に合ったリズムを意識して登った。GOOD

この合宿の最初は1月に滑ることが出来なかったせいで体力も落ち、12月に出来ていたことが出来ない状態だったのですが、このTTでは出来ることが増えていて、練習の成果が少しは出たのかなと思えました。あと3週間ほどでシーズンも終わってしまうので、残りの間少しでも先輩方に追いつけるように頑張っていきます!!

追記:元ヤンじゃないです

コメント

TTお疲れ様でした。
シーズンはまだまだ終わりません。
少しでも多く練習してうまくなってね。

応援しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.