カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
37位
アクセスランキングを見る>>

<<いちかわ荘にて | BLOG TOP | 朝日町でみんな同じ夢を見た>>

                  
DATE: CATEGORY:お知らせ

こんばんは、ランナー3年の串田です。
本日、音威子府チセネクロスカントリーコースにて学チャン3日目の15kmCLが行われました。
コース状況は気温-1°C 、雪温-3°C、天気曇り、雪質ソフトでした。
以下、学チャン15kmCLのリザルトです。

高野 58:17.7
小柴 58:29.7
手塚 59:05.8
森田 59:15.5
串田 1:00:29.2
MZ 1:03:37.1
白木 1:07:45.3
細井 1:09:40.2
HM 1:13:08.3
岡田 1:19:24.3
橘 1:48:47.0

以下、各自の反省です
1年 橘紀晶
グリップ選択に時間がかかりすぎて、納得のいかないグリップのままレースに出てしまったこと。何を塗るかを決める時間、またそのグリップがあってるかどうか確かめる時間を短くしたい。また、本番グリップが効かず、ダイアゴナルができなかったときに開脚で速く走る、ダブルポールで無理矢理にでも勢いを維持しながら進むなどのタイムを縮める努力が出来なかったこと。同様の事態に陥ったときは、ちゃんと対応出来るようにしたい。

1年 岡田拓歩
グリップが利かせられず、ほぼ全てダブルポールと開脚で進んだ。そのこと自体は元々の予定通りではあったが、やはりダイアゴナルが出来ないとゆるい上りで無駄に体力を使ってしまうので今後練習を継続する。カッターに入ったまま下るのが苦手なので、それも練習する。今回のレースで近くに同じくらいのペースの人がいると良くも悪くも頑張ってしまい、今回はプラスに働いたから良いが体力が持たないなどマイナスに働く可能性もあるのでレース構成を考えてその通りにレースできるようにする。

2年 白木悠大
レースプランとしてはダブルポール→一歩滑走→ダイアゴナル→開脚、の流れを練習した通り落ち着いて滑ろうとしました。
また、ニノ山をダイアゴナルで大きく滑るのを目安にアップをして、グリップを決めた。ただ、グリップが少し甘かったのと疲労から、ダイアゴナルを飛ばして開脚に入ることが多かったのが反省点。
今後は掴みかけているダイアゴナルのテクニックを定着させていきたい。

2年 細井拓真
グリップはしっかり止まり、ダイアゴナルでは練習の成果が出せたと思う。ただ、開脚で足が真っ直ぐ出せないことと、DPでピッチが上げられないことが最大の課題で、その影響で筋力的にも体力的にもキツくなってしまった。普段の練習から力を抜く意識と、練習方法を見直してフォームの定着を目指したい。

2年 手塚尚吾
手塚
グリップは良かったです。
まず体力面で持たなかった。ただし、開脚の部分で技術的な課題を感じた。下肢の動きを最小限にしてディスタンスに適したレースをできるようにしたい。

2年 高野祥徳
高野
前半若干力を残しながら滑った結果、たれる事なくまとめられた。15キロレースの滑り方を少しつかんだ気がする。ダブルポールでは腹筋を意識できた。下りでかなり守ってしまったので、練習していきたい。

4年 小柴 黎斗
「ピッチを上げすぎずに上手く大きく動く」をテーマに行った。結果、グリップが甘かったのもあるが、大きく動く技術がなく、ベース不足、アップヒル練習不足で、ばてまくりました。
ただ、その現状を早めに自分で理解して、勇気を持って登りをもっとゆっくりにして、登りきりのつなぎ・平地ダブルポール・緩斜のスピードに乗ったダイアゴナルに体力を使い、体力不足をごまかせたのは成長だと思います。

4年 森田陽
想定していた形と全く違うレースになってしまった。開脚では消耗せずに追い込み過ぎずにリズムを意識し、つなぎ平地を頑張りどころと考えていたができなかった。いいところを出せなかったレースだったが強いて挙げればダイアゴナルをしたいところでしっかりダイアゴナルをすることができ緩斜では呼吸を整えつつ登ることができたのがよかった。

自分に関しては、ダイアゴナルでは足を上手く前に滑らせて足の切り替えのときにグリップさせること。DPではポールのインパクト時に体幹を固めること、ポールの戻しのときに身体ごと前方向に持っていくこと。開脚ではpole jumpとの連動を意識して上半身と下半身の動きに一体性を持たせることが出来ていません。精神的な部分ではレース中のつなぎの部分で弱い自分に負けてしまうことが多く、レースの中での動きのメリハリが作れず漫然した動きになってしまいました。今日の反省を生かして、同じ失敗を繰り返さないようにこの後の練習も頑張っていきたいです。
ここまでの全体的な反省としては、オフトレで体力的な部分では向上した反面、ローラートレーニングやポールを使ったトレーニングで雪上での動きを意識して練習出来ていなかったと感じています。シーズンインのノンポールなどの基礎練を疎かにしてしまい、土台が出来ていない状態でベース練習に入ってしまった部分があり、雪上でのテクニックで安定感が無い状態です。3年目にしてとても情けないことですが、過ぎてしまった時間は戻ってはこないので考えながら今から出来ることを積み重ねていきたいです。

以上。
コメント

長期の合宿お疲れ様でした。


てか、手塚、ごめん

くっしーおつかれ!
野沢で会えるのを楽しみにしてるよ!

僕は内田屋にいくよ!

許せないですね〜

とりま、削除!

ランナーのみんな、三連戦お疲れ様でした。
結果は様々だと思うけど、今後の糧にしてガンバれ!

野沢で会いましょう。
僕は明後日から善三郎に泊まります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.