カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
37位
アクセスランキングを見る>>

<<朝日町でみんな同じ夢を見た | BLOG TOP | Todo杯とバースデーボーイとサバラッシュ>>

                  
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
小柴れいとです。
今日、学生チャンピオンスキー大会10キロフリーに出場しました。

リザルト
20181222234500738.png



詳細
http://www.vill.otoineppu.hokkaido.jp/kurashi/sports/cross_country/gakusei/files/M_10k_F.pdf

反省

岡田
昨日と同じく前半はもう少しペースを上げてもよかったように思う。今日は自分より少しでも速いくらいの人がずっと近くにいたのでその人に追いつこうとしていつもよりしっかり体を使え、特に上体が昨日より使えたのが良かったと思う。上り下りのあとの平地で気が抜けてしまって少しペースが落ちるのは治したいと思った。

バナ
良かった点は、登りの途中で止まったりしなかったこと。練習では疲れて棒立ちになることがあったので、それをしないで10キロいけたのは良かったと思う。悪かった点は、下りであがった速度を維持しきれなかったこと。つなぎの技術を磨きたい。また、とても遅かったので、もっと速く行けるようにしたい。具体的には、登りのクイックの歩幅を大きくしてかつピッチを上げること、平地や緩い下りのスーパーやラピッドで長くのることを目標にこれからのシーズンのトレーニングを行う。

細井
前の人に追いついてもすぐに抜くのではなく逆にペースを緩めてしまい、気持ちの弱さが露呈した。技術的には蹴る時に膝が入ってしまってスムーズに体重移動できないことと、板があまり滑らない状況でクイックを無理に滑らそうとして腕や足がかなり痛くなってしまったことが課題だと思う。また、下りで漕ぐことを意識し過ぎて上体が起きてしまい、風の抵抗をもろに受けてしまった。気持ちの面だけでも意識を変えて明日は臨みたい。

高野
落ち着いてレースを始めることができて、無駄な力をあまり使わずに進むことができたと思う。足の動きは悪くなかったが、特にクイックでもっと上半身の力で進めたと思う。繋ぎと3の山の壁で少し甘さが出た。もっといけた。

白木
反省点が多いレースでした。
ゆるい下りでスピードを出してこげなかった事や壁で焦って疲れる割に進まないクイックをしてしまった、登りで攻めきれなかった、などです。スネパンも足裏も相変わらずで、スーパーの理想形を自分の中で意識しながら少しずつ改善する必要があると思いました。体力も筋力もですが、技術(板に乗れないなども含めて)は特に、このままだとなぁなぁで終わってしまうと感じました。練習の度に今以上に細かく頭を使って滑ろうと再確認しました。

手塚
怠慢なレースでした。脛に負荷がいかないよう、ベースのフォームを意識したものの、相変わらずだらしないことをしてしまった。心拍を追い込むこともできなかった。クイック直後に脛に来ることを考えると、早いピッチのクイックに何かエラーがあるのかと思うので、今シーズンを通して焦らず面で滑る,登るスケーティングの技術を定着させたい。
ps.脛に負荷のない滑り方をどなたか教えて下さい。

串田拓也
登り坂でのクイックで攻めて、平地と下り坂で心拍を下げて、登り坂で頑張る展開を考えてレースに臨んだ。
登り坂では攻めることが出来たが、登り坂から平地と下り坂へのつなぎで踏ん張れず、スピードに上手く乗り切れなかったことが悔やまれる。
普段のベーストレーニングの中でも登り坂から平地と下り坂へのつなぎを意識して練習していきたい。

MZ
今日はピッチを重視しすぎて板に上手く乗れず、また足に力が入っていたためか序盤で下半身が動かなくなり、タイムを伸ばせませんでした。音威子府での合宿を良い形で終われず悔しいですが、残りのシーズンでこのようなことがないよう滑りやレースプラン、疲労の管理などを改善していきたいです

HM
今日のレースでは自分の体力不足、筋力不足を痛感させられました。技術うんぬんの前に、まず土台となる身体能力を向上させていきたいです。オフトレの重要性を再確認しました。
3月のレースまで時間は限られているので、自分の中で優先順位をつけて、一つ一つ取り組んでいきたいと思います。

森田
想定したプラン通りにレースを進めることができなかった。原因は後続の選手を意識し過ぎ余計な力みから消耗してしまったことと単純にディスタンスで勝負する体力が不足していること。中盤でたれてしまったことが悔やまれる。
よかった点は後半に疲労した中でもつなぎのテクニックを意識し続けることができ、最後まで動き続けることができたこと。

以下自分の反省。
率直に、初スピード練としては及第点なのかなというのが結果に対して思いました。レースプランは「登りはギアを上に一つ残し、温存した分、下り、平地、つなぎで出す」でした。しかしやはり、登りでかなり筋持久的に余裕がなく、ばててしまいつなぎなど稼ぎたい場所でタイムを稼げませんでした。練習不足、主にベース不足と、オフトレのアップヒル練習の不足が原因です…。一月はダッシュします。

及第点とは言ったものの…正直もうちょっと動けると思ってました。練習不足は嘘をつきませんね。不甲斐ない四年生です。はい。そこそこナーバスです。

後輩たちに思うこと
下級生は練習の成果がメキメキ成長に現れている子も、なかなか現れない子もいます。そこで、「あいつは練習量同じなのにセンスいいから早いムカつく。」で終わらせて欲しくないです。
いつも同じメニューをしてるのに、なんで速いのか、練習が結果に直結するのか、何を考えているのかなど、盗むなり聞くなりしないと、差は広がる一方です。
なんだか最近クロカンに関するコミュニケーションが減ってる印象を受けたので書きました。シード争うもあるけど、リレーでは仲間なんだから話しましょ

すいません眠くて思ってること書いてたらまとまりなくなりました
おやすみなさい
コメント

小柴の意見すごくいいと思う!
競技に熱いね!
引き続き頑張れ!

めっちゃいいこと書いてるー‼︎

れーとの意見、良いね!
チームのみんなは仲間でありライバルだけども、切磋琢磨してお互い高めあって総合的に強くなっていけると良いね!

雪なくて大変そうですが、九大本番まで後少し、がんば!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.