カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
37位
アクセスランキングを見る>>

<<Todo杯とバースデーボーイとサバラッシュ | BLOG TOP | あと26.2km>>

                  
DATE: CATEGORY:クロスカントリー


こんばんは、ランナー4年森田です

本日、音威子府村チセネシリクロスカントリーコースにて全日本学生チャンピオンスキー大会スプリント競技(フリー走法、1.2km)が行われましたので結果をご報告します

以下に東北大のリザルトを示します

--------------------
120位 MZ 4:33.78
121位 串田拓也 4:34.38
122位 森田陽 4:37.94
123位 高野祥徳 4:41.75
126位 手塚尚吾 4:43.83
129位 HN 4:50.80
132位 細井拓真 5:11.30
137位 白木悠大 5:30.00
139位 岡田拓歩 5:42.00
140位 橘紀晶 6:11.05
--------------------

以下、各自の反省です

--------------------
MZ
今日はピッチが上がった時のスーパーで重心が後ろに残ったままになること、腹筋を使ってポールで押せていないことなどの課題が見つかりました。
ベースの練習からしっかり意識して行きたいです。

串田拓也
去年のスプリントでは力んでしまい、終盤に身体が動かなくなってしまっていたので、今年は焦らずに自分のピッチで滑ることを意識した。
技術的に部分では、quickからsuperへの移行がスムーズに繋げなかったことと、ヘアピンから登り坂へのつなぎでスピードを殺すことなく加速していくことが出来なかったこと、平地でのrapidで身体を前方向に反動を使いながら大きく動かすことが出来なかったことがタイムロスになってしまった。
まだまだ出来ることは沢山あるので、九大戦までの練習で改善していきたい。

高野
スーパーでしっかり板に乗ることを意識した。ピッチは落ちてしまったが、落ち着いて、丁寧に滑れたので、タイム的にもあまり落ちてはいないと思う。少しずつ試合で再現できる動きの質を高めていきたい。明日はもっとクイックの歩幅を出していきたい。

手塚
落ち着いてレースには挑めた。慌てず、板に乗れた。一方で、坂で進めなかったり、クイックでもう一ギア出せなかったりと課題も多く見つかった。

HN
今回のレースでは体力的なきつさはあまりなく、全然追い込み切れて無かったなぁと思います。その原因としては、滑りの技術不足による力が入りきらない感じ、スピード練不足によるリミッターの外し方の甘さが出たのだと痛感しました。
今後の課題として見直していきたいと思いました。

細井
登りで板が横滑りしてしまった。また、カーブ等での基本的な板操作がおぼつかなく、大幅にタイムロスをしてしまった。スーパーからクイックへのつなぎでテンポが下がってしまった。また丁寧に板にのろうとし過ぎて、スプリントなのにリミッターを外せず、登りで上げきれなかった。硬い雪面でも対応できる滑り方を身に付けたい。

白木
両足スネパンかつ足裏が痛くなり、全然乗れていない事を痛感しました。ゆるい下りで速さを出そうとすると、うまく乗り切れないので、とにかく落ち着いて大きい滑りをする事を意識しようと思ったのですが、そもそも乗れないのに無理に乗ろうとしたのが原因だと思いました。明日の10kmはできるだけ力を抜いて、乗れないと感じたときは無理に長く乗ろうとしないなど、落ち着いてリラックスして滑りたいです。


岡田
いつもスピード出そうとするとバランスを崩してしまうので今日は冷静にスタートしようと思っていたがその分最初にスピードを上げきれなかったように思った。その他は今自分が出来ることがちゃんとやれたと思う。ただ相変わらずインエッジになっており、上体もあまり使えてないのでこれ以降も意識して練習したい


スピードが上がってきた瞬間に転倒してしまったこと。重心を低くしたり板にちゃんと乗ることで速度が上がってもバランスを取れるようにする、もしくはバランスが取れなくなるような自分の実力を超えた速度は出さないようにする。
また、転んだあと、精神的にすぐに立ち直れなかったこと。転んでも、動じないようにする。

--------------------

自分に関しては音威子府でのTTに参加できなかったので、今日が今シーズンはじめてのレースになりました。オフシーズンに思うように練習できず自分がどれだけ滑れるのか全くわかっていなかったのでまずはレースを無事に一本終えてほっとしているところです。ただそれと同時にまったく満足のできる結果ではなく悔しい思いでいるので明日、明後日のディスタンスでしっかり満足できる結果を残せるよう競技に臨みたいと思います。

以上リザルト報告でした。
コメント

スプリントお疲れ!
引き続きディスタンスも頑張れ!

スプリントお疲れ様。
相変わらずの陽ブログでなんだか読んでてほっこりしてきます。
雪なくて大変そうですが、長野でも練習頑張って!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.