カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
37位
アクセスランキングを見る>>

<<ブログを考えよう | BLOG TOP | 肘折行ってきたよ>>

                  
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
はい、私です。弟のことはヒッカーまたはヒカルと呼んでます。
この度コンバインドジャンプの方々の合宿に同行させて頂き誠にありがとうございます。
私は午前FL120min,午後CL90minをやらせていただきましたが、足首が本調子ではございませんでしたので、少し短めの練習とさせていただきました。
朝日町のコースは3kmコースしか開いておらず、5kmコースに行けなかったのは少し残念でした。しかし、シーズンはじめの簡単なコース練習としては良い練習ができました。
本練習では、両走法でも足首から曲げて板に乗り込むこと、そして足首の力を抜くことを心がけました。そのようにすることで、板に楽に乗ることができるようになった気がします。
つなぎでは、登りからの平地は大分上手くなったと実感しておりますが、下りからのつなぎ,登りからの下りのつなぎはまだまだ改善の余地があるので精進いたします。CLは調子がいい気がしますがここで色々言っても仕方がないと思うので、また後日先輩方に観ていただけると幸いです。

はいっ!どうですか俺の敬語!とうとうここまで来ました。
今まで散々「日本語ヤバイ」「本もっと読め」「何言ってるか分かんない」「喋んないで」「日本人辞めろ」「消しますよ!」
何か箇条書きにすると俺ってホントにイジメられてる気がしてきました。ので辞めます。
けど、そんな先輩、同期、後輩を見返す事のできる文体だったと思います。

最後に、
北海道に来る時にあったエピソードを少し…
あっ、北海道で俺の話を聞いた方やどうでもいい方はここまで見てくださってありがとうございました。

朝日町編
仙台空港→新千歳空港→札幌→旭川→士別→(バスで)朝日町
という経路で移動したのですが、旭川での乗り換えの時間(時間通りで)5分ちょいしかなかったんです。
でも言うて行けんだろって思ってたら、乗ってた電車が数分遅れたみたいで乗り換えの時間が1分くらいしか無かったみたいで、でもTOKIOの宙船聴きながらボーっとしてました。そしたら、もうすぐ電車が発車しますのアナウンスが流れたんで、
焦ってダッシュしてホームに行くと、乗る電車の向かい側のホームに着いてて乗り遅れてしまいました。
そういうわけで、朝日町の午後練習には間に合わないだろうから、士別駅から朝日町まで走っていこうと考えました。
グーグルマップによると徒歩4時間(20kmちょい)くらいだったので、走ったら2時間で行けんじゃん、と。
んで、走り始めたはいいものの、-12℃くらいの極寒かつ荷物を持った状態だったので思ったよりキツかったです。
でも数km走って駅から離れちゃってので、戻るのもアレで、寒くて死にそうだったんで、ヒッチハイクしようと考えました。
でもヒッチハイクってメンタルにキますね!
皆さんもやるとき参考にしてください。
①乗せることのできない車は車線の向こう側に車体の半分を遠ざける。
②乗せる事のできる可能性が少しでもある車はそこまで遠ざけず、コッチを見てくれる。
③行き先の書いてあるものは掲げてるだけでなく、車の移動に合わせて向きを変える方が可能性が上がるかも?

てな感じです。しかし運良く20分くらいで、俺のことを乗せて下さる方が現れたので助かりました。
ホントに乗せて下さった方ありがとうございました、命の恩人です。俺もヒッチハイクして困ってる人がいたら乗せてあげたいとおもいます。
このブログを絶対見てないとおもいますが、この場を借りて御礼させて頂きました。

てな感じで朝日町の午後練習に参加できました。

おわり

あっ…マイケルでした。

20181216113125c07.jpg
20181216115551363.jpg

昼飯
コメント

マイケル朝日町はいかが?

コースは3キロしか開いてないみたいだけど、5キロがが開いたら是非いってみてね!

ご飯おいしかったです。おかわりメッチャしました。
けど今日帰仙だったんで5kmコースとは対面できませんでした泣

マイケル、他大にも人気だったね(笑)
遊んでくれてありがとう。
野沢で会いましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.