カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
393位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
31位
アクセスランキングを見る>>

<<九大戦純飛躍リザルト | BLOG TOP | 九大戦4日目SL>>

                  
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
ジャンプ4年の中嶋です。
リレーの結果を報告します。
男子正シード
優勝
リレー
女子正シード
4位
rire-
男子オープン
B チームおじいちゃん 1:24:52.17
① 小泉 3年 21:51.5
② 正橋 2年 24:01.0
③ 新海 2年 21:09.4
④ 串田 2年 17:50.4

A チームD 1:25:14.28
① 手塚 1年 20:50.1
② 高野 1年 22:32.9
③ 石原 1年 22:04.5
④ 浅野 1年 19:46.8

C チーム余りもの 1:32:08.22
① 白木 1年 25:37.8
② 細井 1年 25:06.5
③ 竹重 4年 20:58.1
④ 稲村 3年 20:25.9

以下個人の反省

森田陽 シード一走
無事に滑り切ることができてよかったです。前日のワックスから当日のグリップワックスまで何人もの人に助けていただきました。本当にそのサポートのおかげで2走につなぐことができました。ありがとうございました。
インカレ、全国公ではベストなパフォーマンスをします!

原一貴 シード2走
板も滑り、グリップも止まり体も動きました。これが今の実力だなと思います。
まだまだ、登りで板を滑らせられないため、振り上げている足を置く場所や体重の移動をもっと細かく見直して行きたい。ベンドに対する意識が低くなって来ているので板の上での動きに余分な力がかかりまくっていました。直します。
純粋に楽しかったです。応援ありがとうございました。

小柴黎斗 シード3走
1、2走のおかげで精神的にかなり余裕を持って滑れましたありがとう!。最近レース展開を失敗してばかりだったのが、登りでバテすぎずつなぎ平地で追い込めて、良いレースをできた。せーかさんおめでとです笑笑

及川絵梨 女子1走
最初にきららちゃんに抜いてもらおうと思ってスロースタートにしたらそのままずるずる上げきれずに3キロが終わってしまった。最初から突っ込んでいけばよかった。1走の役割はやっぱり一位で帰って来ることだと思うのでそれができなかったことは悔しい。クラシカルの板の操作もまだまだなのでリレーのためにもクラシカルの力をもうひと回りもふた回りもアップしないといけないと感じた。

竹井 女子2走
コンバ後半や10キロフリーのときよりは落ち着いて滑れたが、落ち着きすぎた。上りのクイックで右足にもしっかり乗ることを意識できた。最後の平地でクイックをしてしまったので、スーパーでラストスパートをかけられるようになりたい。
応援、ありがとうございました!

大沼(アルペン) 女子3走
なりさのために走りました。なりさファイト!

小泉 オープンB 1走
スタートのダブルポールは伸びがよく、いい位置どりをすることができたと思う。
序盤の登りで全体のペースが上がっていったときにやはり振り落とされてしまったので、心拍をあおってスピード練を入れていかないといけないと思った。
勝てたのは本当にたくやのおかげだった。ありがとう!

正橋遼 オープンB 2走
板を滑らす事は10キロの時よりは意識していたが、あまり上手くいかなかったので板の乗り方等を見直したい。登りでのリズムはまあまあ良かったと思うので、距離が伸びても持続できるようにしておきたい。

新海 オープンB 3走
レース終盤になると体が動かなくなるので、序盤にいかに板に無駄な力を使わずに乗ることが大切だと思いました。
不甲斐ない結果しか残せてないので、インカレに向けて本気で頑張りたいと思います。
応援ありがとうございました。

串田 オープンB 4走
1キロ過ぎの登りまでクイックで追い込むことが出来たと思う。平地やつなぎでsuperでもう少し粘れる走りがしたいので、重心を前にしたフォームを意識して練習していきたい。来年は正シードで走れるように気合い入れて頑張ります。

手塚尚吾 オープンA 一走
グリップはやや渋でした。
テクニックにおいては、上半身のブレを少なくすること、カーブでのアウトインの軌跡を作ること意識しました。できないですが、これができれば…と思う処です。レースに関しては、5キロを出し切ることだけ考えたのですが、マススタートで、序盤に自分が出したいペースにできなかったのが、もどかしかったです。
リレーは楽しかったです。同期4人で上級生には敵いませんでしたが、やっぱりチームって良いです。応援ありがとうございました。

高野 オープンA 2走
10キロの時よりはダイアゴナルで登れたが、体が少し重く感じた。板を踏む角度を考える。

石原拓実 オープンA 第三走
九大戦で一番いい滑りができたと思う。特に下りで一回もこけずに滑り切れたことがよかった。まだまだ平地や上りで板に乗れないのでインカレに向けてノンポールからしっかり滑りを見直していきたいです。応援ありがとうございました。

浅野 オープンA アンカー
前3人がほんとにいい滑りで繋いでくれたので、情けない滑りは出来ないと思って滑り始めた。身体は結構動いたが、雪がモフモフだったのでうまくのれなかったのと、板操作がしやすい雪だったのに下りで無駄にビビってスピードを繋げなかったのが先輩との差だと感じた。
クロカンをやる意味を見い出せた気がしたのでそれが1番の収穫だと思う。応援ありがとうございました。

白木 オープンC第一走
10kmCLでは思ったような滑りが出来なかったので、その反省点を活かそうと思ってのぞんだ。できるだけダイアゴナルをする、開脚の歩幅、足の出し方を意識する、などは出来て、全体としては良く滑れたと思う。ただ、下りを守りすぎたのが反省点で、下りの板操作の練習が必要だと思った。リレーになると気持ち的にもがんばれたが、抜けそうな人を抜けなかったのは悔しかった。

細井拓真 オープンC2走
前半の上りで力を出し切ることを意識して臨んだが、逆に焦ってしまいリズムが乱れてバテてしまった。後半は疲れた分力が抜けてリズムよく滑れたのは良かった。カッターに入るかどうかで迷って時間をロスしているので、その判断力も必要だと感じた。リレーでの駆け引きを肌で感じられて良かった。DPのフォームと、下りの板操作をできるように練習していきたい。

竹重 オープンC 3走
15キロフリー、コンバインとトラブルなくちゃんと完走しきったレースが無かったので、リレーではしっかり完走することを第一目標としていた。
コンバの時は登りで心肺を煽りすぎて生命の危機を感じたので、登りで心肺を上げすぎないことを意識して滑ったら平地で全力を出すことができた。
4年目で九大戦のリレーに参加することが出来て嬉しかった。

稲村 オープンC 4走
レース中にマックスで走ることができなかったので最後まで真面目にやるメンタルつけなきゃでした。反省します。

個人の反省おわり


僕は四年目にして初シードでそのうえアンカーを走らせてもらいました。
三年生が早いのは知ってたからそんなに緊張はしなかった。ほんとだよ。
結果...
ウイニングランできちゃった(テヘペロ
嬉しみに溢れています。

1走のあきらがいい流れをつくってくれて
2走のかずきが踏ん張ってくれて
3走のれーとがぶっちぎってくれて
本当に後輩たちが頑張ってくれました。
ありがとう。楽しかったです。

個人的には今シーズンから高校生ぶりにプロテインやらBCAAやらを投入した結果合宿を経て大会期間中はかなり体が絞れていい感じでした。よく動いた。

レース展開も昨シーズンは前半オーバーペースになりぎみだったのをベローチェで維持しつつ、登り切りできちんとMAXをだすことを意識したら5㎞で出し切れました。あとはもう少し下りを攻め切りたいです。
インカレまでの課題はジャンプも共通ですが
フィジカルの向上
板操作の向上
スキータッチをより繊細に確実に。
卒論を余裕をもって書ききる。
バイト先から休みを勝ち取る。

やりきったらインカレ楽しそう。

最後になりますが
当日山井さん、高道さん、割田さんの現地でのサポートや
アルペンの方々の応援、
また、競技運営をしてくださった野沢温泉スキークラブや大阪大学の方々ありがとうございました。

コメント

僕の区間順位が3位になっていますが、DQになってしまった一橋大学の宇佐美さんに5秒くらいつけられて負けています。
そのため、僕は区間4位です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.