カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

<<SNSの投稿は一生残るよう | BLOG TOP | メリークリスマス>>

                  
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
ねっぷ合宿おわったぜぃ、疲れたぜぃ
早く仙台に帰りたぃぜ

あと、繰り返し言わせてもらいます


ちなみに25日空いてます
ちなみにまだ女の子からお誘いのラインきてないぜ、イェーーーイ!

はいっ、めんどくちゃい人はここまで〜!


おふざけはここまでにして本日の学ちゃんふりーについて書きたいと思います
天気は晴れ時々曇り、ねっぷ入りしてからいちばん暖かい日でした。
レース序盤はアイスバーンっぽい感じでしたが、中盤から終盤にかけて気温と雪温があがってカリカリな部分とシャバ雪っぽい感じになって、ちょっと走りづらかったです。

以外リザルトです
男子 15km
どんちゃん 53:55.1
小柴 55:59.4
串田 57:04.7
O内さん 58:41.7 Now井さん 1:00:10.2
H間さん 1:00:43.7
小泉 1:00:47.0
高野 1:05:59.1
手塚 1:10:13.3
細井 1:18:21.9
白木 1:22:20.5

女子 10km
及川 40:50.6
かな○んさん 55:40.2

以外、各々の反省
高野
15キロは長かった。もっとつなぎを意識したりメリハリをつける必要があると思った。どんな雪質でも安定したスケーティングをできるようになりたい。

手塚
レースプランとしては、後半に上げていこうと考えていたのですが雪質が変わり板が思うように進まなくなり不完全燃焼でした。ただやはり技術、経験不足が大きかったです。カチ雪、モフ雪でも滑れる乗る技術をこのシーズンの課題にする。

白木
あまり滑ったことの無い雪面状況で、板に乗れていないことがはっきりわかった。下りで、怖がってボーゲンをかけ過ぎた所もあった。結果的に転ぶことが少なかったのは良かったが、もう少しスムーズに下れたと思った。クイックは重心を意識したらかなり楽になった。

細井
今回は、途中で足をつってしまい、後半体力的には余裕があったのにスピードの出せる登り坂でペースを上げれなかったのが非常に悔しかった。滑りづらい雪でもしっかり板にのれるように練習しなければならないと思った。下りでの転ばない重心の位置が少しわかったのは良かった。長距離でも最後まで体全体を使える体幹の必要性を感じた。

れいとさん
全体的に板に乗れてなくて、乗ろう乗ろうとするほどに疲れた。レースでは、いつもなら技術的な事は出来るだけ考えずに、ペース配分、つなぎなどに頭を使うところが、ずっと乗ることに四苦八苦してしまい、そのうちバテて、最悪のレース展開だった。どんな雪でも乗れるようにする。

けーじさん
最初の硬いバーンの間はなるべく一歩を長くして疲れがたまらないように意識して前半を滑れたのはよかった。
雪質が変わったときからはピッチを意識した滑りに変えられたのもよかったと思う。
ただ、結果にはまだまだ満足していないので、スピード練含め、たくさん練習を積んでいこうと思う。


僕個人としての反省は、アイスバーンの上で板に乗れないのは普段からの練習でもしっかり板に乗れておらず、ポールとピッチで誤魔化して滑ってるのかなぁと思ってます。また、板の引きつけと蹴り出しがまだまだ甘い気がします。レースでは、もっとsuperを使える場面を増やしていきたいです。まだまだ、力んでしまって楽にsuperが滑れないので、上半身をもっと使って滑れたらいいのかなと感じてます。
これまでの全体的な反省としては去年に比べたら滑りの動きにまとまりは出てきたなぁと思う反面、動きが緩慢でメリハリがないなぁと感じてます。
レース展開的にはやはり下りがド下手、どうにかして下りを克服したいです。あとは、つなぎですね。やっぱ、登り坂からの下りと平地or下りからの登りで効率的に滑ることが出来たら、もうワンランク上のレベルにいけるのでは、と思っております。


大変、長い文章になってしまい申し訳ありませんでした
今、ねっぷから札幌行きのバスの中でブログを書いております
ここまで、読んでくれた方ありがとうございます
九大戦でスキー部のみなさんに会えるのを楽しみにしてます!
以上、らんなー2年の串田でした

p.s 割と気心知れた同期の認知症が進行していると聞き、僕のこと覚えているか心配です

割と気心知れた同期のカップルがフェリーの中でにイチャイチャしていると思うと悔しくて死にそうです(笑)
コメント

待っていいのは女だけだぞ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.