カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

<<看板作りと河原ローラー | BLOG TOP | 自主性>>

                  
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
ごきげんよう♪天野です。

昨日、今日とブログ更新されまくりですね♪
いい感じです

この調子でどんどん行きましょう


さてさて。
情報社会ということで。


情報って大事だと思いませんか?
情報を得ること、これってすごく大事なことだなぁと私は思います。



吉田さんに触発されて(?)、真面目な一面を見せつけてみたり、みなかったりしてみます。

私が好き(?)な言葉です。


「学びて思わざれば、則ち罔し。思いて学ばざれば、則ち殆し」


孔子はこんなことを言ってますねー。
論語の中でも有名な箇所ですね。。
みなさん国語とかでやったのではないでしょうか?
意味はだいたいわかると思います。


で、冒頭にもどって。


情報を得ることっていうのは、「学ぶ」ことにあたるかなと思います。
「学ぶ」だけではもちろんダメだけど
「思う」だけでもダメなのです。。

スキーに関して言えば、
ビデオをみたり、話を聞いたり、アドバイスをもらったり
これが「学ぶ」ことに近いかなと思います。

情報を得ること。
上手い人のフォームと自分のフォームを可視的な情報としてとらえる、
スキーのメカニズムなどを知る
他の人がどうやって上手くなっていったのか、どういう意識をもってやっていたのかという情報をえる
色々あります。多方面、多方向からの情報を得たいところです。

得た情報をもとに、考えながら練習すること、
これが「思う」ことかなと思います。

考えながら練習すること。
上手い人のフォームと自分のフォームをみて、何がどう違うのかを考える、
わかったことをどう自分のフォームにあらわしていくか
その時に、人からもらったアドバイスがどう生きてくるか
難しいけど、ちょっと意識するだけで違う気がします。
たとえば、
クラシカル板の構造、とまるメカニズム(?)を情報としてもっているのと持っていないのとでは、
すべりに対するイメージも違くて、ローラーのときの意識も変わるはず…

さらにビデオをみて、フィードバックして、「学ぶ」ことと「思う」ことをサイクルさせる。



スキーに限らず、トレーニング全体でも言えることで、、
もっといえば、勉強とか(むしろこっちが元?)についても「学ぶ」ことと「思う」ことのバランス、相互関係は大事だと思います。
孔子ってやっぱり凄いですね。名言です。


吉田さんが書いている、
受身にならない
ってことは、
自分で情報を得ようっていう意識をもたなきゃいけないって意味にもとれると思います。

たとえば、吉田さんが教えてくれたトレーニングの基本的なこととか、
意識してても忘れてしまうけど、意識してなかったら多分、残るものはかなりわずかです。
意識して聞いていれば、忘れてしまっても、自分で調べることができる、調べたら、定着しやすい。
難しいですが。。
クラシカル板のことも、何人かの一年生にはだいぶ前に話をしたけど、たぶんみんな忘れてると思います。
意識して情報を得たいです。。


前置き(?)が前置きでなくなるくらい長くなりましたが、
去年、私がみつけたものです。。一年生はよかったら参考にしてください。

クロスカントリーの映像
http://www1.nagano-ngn.ed.jp/vod/html/jtcros13/index.html
走法の説明など
http://www2.snowman.ne.jp/~nhomma/xcski/index.html
西田コーチのブログ(難しいかな??
http://blog.livedoor.jp/trailsportsclub/

他にも検索すると結構出てきますよー。

で、情報社会です。
取捨選択です。
ためになる情報も間違った情報も、入り混じってます。玉石混交。。

実際、間違った情報でなくても、自分にとってよりためになる情報とそうでない情報をわけることは大事だと思います。
頭をつかって、より良い選択をしたいです。。


長々と書きましたが、
こんなことを意識していきたいなと思いながらやってます。
なかなかできませんが。。。

色々間違ってることも言ってるかも知れません、、遠慮なくご指摘下さいm(__ __)m

後で見たらすごい恥ずかしくなりそうですね・・・
コメント

へぇ~!

スキーって・・・トレーニングって・・・
本当に深いんですね~(゜o゜)!


参考サイト、早めにチェックしときまぁす!

あまぬ・・・俺国語苦手・・・

あまぬ…。…。。
まぁ頑張れ…。

国語苦手と主張されても困りますが…、、

『まぁ』頑張りますi-237

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.