カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
393位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
31位
アクセスランキングを見る>>

<<全国公2日目クラシカル | BLOG TOP | 第37回全国国公立大学スキー選手権開幕>>

                  
DATE: CATEGORY:お知らせ
こんなタイトルのブログがあった気がします笑。

昨日は全国公1日目、男女スプリント種目が開催されました。コーチの正哉さんもサポートにかけつけてくださりました。ありがとうございました!!


以下リザルトです!
気温 5度くらい
雪質 ジャバジャバ
風 決勝のみスタートから猛烈な追い風

フリースプリント
男子
1. 小池 東北4年
2. 木原 信州2年
3. 阿部 信州M1
4. 小柴 東北2年
5. 長谷川 東工4年
6. 原 東北2年
7. 森田 東北2年

以下準々決勝敗退。東北大のみ。
15. 串田 1年
18. 小泉 2年
20. 新海 1年
25. 三竿 1年

予選敗退
31. 古畑 1年
37. 松尾 1年
38. 正橋 1年

女子
1. 佐野 新潟
2. 春日 新潟
3. 及川 東北2年

5. 竹井 東北1年
6. 馬場 東北1年

各々の反省です。

古畑和樹
ひさしぶりのスプリントでしたが、悔しい結果に終わってしまった。スーパーの時の体の使い方がまだまだ下手だと感じたので、正哉さんに教わったことも活かしながら、今後のレースや練習に望みたい。

原一貴
ピッチをあげるほど足が後ろに引かれていた。蹴り足と体重移動の確認をしていきたい。
決勝Aに残れて嬉しかったが、最後のレースは体重くて全然動けなかった。体力を残してレースできる程上手くなりたい。

馬場静羽
緊張しながらもいつもより焦らずにすべれた点はよかった。
若干の下りでスピードがついているときにバランスを崩してしまうことが多かった。重心移動を練習していきたい。
また、速い人と滑ってみて、改めて板を滑らせる技術がまだまだだと感じた。
来年はもっと速くなって、競り合うようなレースをしたい。

松尾 優太朗
板にしっかり乗れてなかったから二回も転んでしまった。
あと慣れていない早いピッチだったので練習が必要だと思った

正橋遼
ポールの突き方、体の倒し方、板の乗り方など課題が多いレースだった。しっかり板を蹴ることと足を戻すことを気を付けるようにする。明日は今日の反省を活かして落ち着いて滑るようにしたい。

三竿洋太朗
力まないようにと意識したが、まだ少し力んでいた。落ち着いてできたのはよかった。目線が下に落ちないようにしたい。

串田拓也
慌ててしまい、腕だけが速く動いてて上半身と下半身の動きがバラバラになってしまった。重心が後ろ目になってしまい、板に体重を乗せられなかった。今度からスプリントの時は、落ち着いて力み過ぎずに自分のペースで滑ろうと思います。来年は決勝まで残れるように頑張りたいです。

森田陽
決勝Aに残れなかったのは悔しかったが最後のヒートでトップでフィニッシュできてよかった。
小池さんの優勝を目の前でみてとても刺激をうけた。来年こそレースで勝てるようになりたいと感じた。

小泉慶次朗
スプリントはずっと苦手だと思ってたんですが、速いピッチで板に乗りながら力を抜くのが上手くなってきたと思いました。
ですが、スタートや板に乗る技術がまだまだ足りていないので来シーズンもスプリントの練習がもっと必要だと思いました。

新海まさお
負けた。悔しい。
まさやさんに教わったことをしっかりできるようになって上手くなります。
僕もあきらさんみたいになりたいです。

竹井しのぶ
わちゃわちゃして終わった。足の引き寄せが弱くてビデオを見てかっこわるいと思ったので、もっと足を引き寄せてかっこよく滑りたい。

及川絵梨
予選準決勝とリラックスしていいイメージですべれていたがいざ決勝になって焦り動きもバラバラだしなにより出し切ることができなかった。いいところでこけたのもまだまだ弱い。新潟に完敗して悔しいので明日はがんばる。

小柴 黎斗
去年とは違って、冷静に決勝まで温存できたのは成長かなと思います。
決勝では、後半バテて負けました。もっとからだを大きく使い一歩一歩の伸びで勝負すればバテなかったのかな?焦りでピッチに頼ってしまった。
まず体力。次に冷静さを身に付けたいです。

残りの人は追記で書いてください笑


念願の個人のタイトルです!やったぜ!!

決勝A勝負と決めていたので、自分の想定通りの走りができ、すべて出し切ることができました!何と言っても、板がめちゃくちゃ滑りました。

今日はクラシカルのレースがあるので、またメダル目指して頑張ります!!



先日の大嶽のブログのせい?で4年生のラストは良いことを書け!みたいな風潮があって本当に嫌なのですが、、、。

ミーティングでも言ったことを少し。

1年生はがむしゃらに頑張れ。誰に勝った負けたって言うのが、来シーズンへの自信に繋がるし、こいつには負けないっていう自信があれば、実際にレースの結果もそうなります。割と。全国公は活躍できるチャンスが多い大会だと思うから、連戦辛いけど頑張りましょう。

2年生は来年幹部頑張って下さい笑。何も言うことありません。強いて言えば、1年生の面倒をもっともっと見てあげて。今日のレースどうだった?とか、ビデオ一緒に見るとか。今の2年生ぐらい1年生が早くなれば、東北大めっちゃ強くなるから。

3年生には来年も競技を続けてほしいです。袖野さんから言われた気がしますが、4年目はオフトレもシーズンも最高に楽しかったからです。まだシーズン終わってないですけどね笑。3年ちょっとで終わりにするのはもったいないからね。

4年生、、、今度ご飯でも行きましょう笑。別に仲悪いわけではない、はず。


今シーズン守っていたこと、気をつけていたこと、感じたことを少し。

・ハートレートについて
2年生からつけ始めて、最初はスーパーしたら160とかいって、こんなのベースじゃねぇって笑ってたけど、4年目のオフのローラーで気づいたらベースができるようになってて、1月にスキーしまくったら、2時間のトレーニングもアベレージ120-130でできるようになってて。だから、辛抱強く練習して下さい。できるようになるから!



・ワックス
みんな勉強しろ!俺に聞くな!!



・コンディショニング
これが一番大事だと思います。

レース前日まで
レースの2日前?に5キロttとかそれに準ずるものをやって、前日は軽くスキーで流す。寝る前はマルチビタミンを摂取。コントレも必ずやる。

当日
ご飯は普通に食べる。チャージは2時間前。ベスパを30分前。

100点のレースはなかったですが、75点くらいのレースを安定してできるようになりました。

これは個人差があるとおもうので、自分に合うものをオフトレの間から探してほしいです。

・ルーティーン
コンディショニングの部分とかぶるとこがあると思います。

何かの雑誌?で、レース前は考えないことが大切と知りました。考えることはエネルギーを使います。何を食べ、何を着、どんなアップをするか、事前に決まっていれば、その通りにやればいいわけです。自分の中で決まった型があれば、それをこなすことで、レース前にバクバクに緊張したり、思い切り調子を崩してしまうようなことは少なくなるのかなと思います。

書き始めたらダラダラってしてしましましたが、自分が伝えたい?残したいことはこんな感じです。

来年もスキーしたいなぁ〜。競技続けたいな!





以上、国体に出るまで競技を辞めたくない小池がお送りしました。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.