カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
627位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

<<3月2日キズナ合宿 | BLOG TOP | 3/1,2 蔵王合宿! ~タンドリーチキン~>>

                  
DATE: CATEGORY:お知らせ
小柴れいとです
インカレリレーの結果を報告させていただきます







まず、応援の声、サポート、本当にありがとうございました!
目標としていた三位とは程遠い結果になってしまいました。正直リザルトを見る限り今の二年生の責任です。不甲斐ないです。情けなさでいっぱいです。以下反省を。

一走 原一貴
1走の緊張感と周りの雰囲気に飲まれてしまい、いつもなら止められるグリップだったのに全然止められなかった。うまく止められないから、平地で取り返さなきゃってさらに焦ってしまい余計に体が疲れてしまい悪循環に陥ってしまった。冷静さを持っていきたい。
小池さん、庄司さんと一緒のリレーは今回が最初で最後であるので楽しかった。
けれど、何もできなかった自分が恥ずかしい。純粋にもっと速くなりたいと思った。
来年、9大戦、インカレのリレーを引っ張って行ける選手になりたい。必ず。

2走 小池やすひさ
リレー楽しかった!6位で悔しかったけど。応援、サポートありがとうございました!

以下反省
体はまあまあ動くけど、いまひとつ心拍数をあげきれない、筋肉がもたない、うー、つらいという感じのレースでした。2週目は板の滑りが悪くなってきて、さらに辛かったです。

やっぱり、いままでで一番の思い出は去年のインカレのリレーでした。少なくともかずきとれーとは、このレースをバネにもっともっと速くなってチームを引っ張って行ってくれるんだろうな。そうしたら、来年?再来年?には最高のメンバーで最高のレースができるんだろうな、羨ましいな、、と思います。

今回、サポートに回ってくれたみんなも、次のレースではリレメンに選ばれるように頑張ってください!

めちゃくちゃきついし、プレッシャーもバカにならないけど、その分の楽しさ、喜び、達成感がそこにはあるはずです!

全国公がんばろ!

4走 庄司孝介
テーマは「精神の限界を超えること」でした。普段なら、このペースだと後半持たなくなるから少し緩めようかなて思うところでも、体はまだ動く!て言い聞かせて走り続けました。結果、最後まで体は動きました。めちゃくちゃ辛かったけど笑。こんなに追い込んだレースは初めてかもしれません。
ただ、タイムとしてはそこまでだったし、一つ前の信州大にも追いつけませんでした。まだまだ実力不足でした。
僕は次に東医体があるので、もっと自分を追い込みたいです。
最後に、皆さん応援ありがとうございました。

自分の反省を、すいません長めに書きます。

リレーの前に、庄司さんと話していて、僕のレースのテーマも限界を超える。でした。結果…最初に飛ばしすぎて、後半バテバテの不甲斐ないレースをしてしまいました。序盤力んでいたのもあるかもしれません。しかし、だからと言って飛ばさなかったらいいタイムが出たかと言われるとそうは思わないです。では何がいけなかったのか。

レースのあと長い間考えました。自分なりの答えは、「自信」です。限界を超えてもおれの体は動く!という自信があれさえすれば、精神的に持ちこたえられたはずです。僕にはそれがなかったです。オフトレはやりきったと自信満々には言い切れません。体力もありません。事故だったとはいえ、レース6日前に細菌性胃腸炎で寝込んでしまい、体が動くのかなという不安もありました。でもそれは、病気なんかかかってもおれは今まで追い込んで来たから多少体力落ちても行ける!という自信があれば乗り越えられたはずです。

正直技術的な自信はありました。まだまだだとは思いますが、シーズン中に、誰よりも集中して練習し考えて考えて考え抜いて作り上げた滑りだと自分で思えたからです。

しかし、それを実行する体力、筋力の自信はありませんでした。シーズン中にいくら追い込んでも間に合わなかったです。ハートレートはすぐ上がるし、登りで置いてかれるしで、ひどいもんです。

来年こそはオフトレでできることはすべてやりきり、絶対的な自信をもってインカレに挑みます。

一番側で見ていた小池さんは、本当にすごいと思います。オフトレも毎日必ず来て、先頭に立って引っ張り、冬の滑走量も半端じゃないです。そのために卒論も真面目に速攻で終わらせてました。今年はかなり自信があったのではないでしょうか。

しょーじさんも、かなりの自信家でした。5年間で築きあげてきた物は大きいと思います。いつも、任せろって言ってくれます。

この2人とくらべると、僕なんか努力してない怠け者にしか見えないです。むかつきもするだろうと思います。最後のインカレなのに…本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。2人にはレースあと落ち込んでる僕に優しい言葉をかけてもらって…もう本当に…感謝しかないです。
面と向かっては恥ずかしいから言いたくないですけど笑
本当に尊敬してます。

ここまで自分1人の反省、思ったことを書きましたが、もう1つ反省というか、できなかったことが、
一年生になにかこう、熱いものを見せられなかったことです。んー、なんて言えばいいんだろ。
僕が一年の頃のインカレで、山井さん丹羽さん小池さん庄司さんがリレーで三位を取った時、本当に感動しました。部の代表として、選ばれなかったメンバーの思いも背負い、4人がつないでつないで死に物狂いで取った三位。取った後のリレメンの笑顔は忘れられません。めちゃかっこいいんですよ!?
おれもこうなりたい!ってゆー胸の中にぐーっと熱いものがこみ上げてきて、すぐにでも滑りたくなる感じ。
伝わってないかもです。
ここから普段の練習で背中で見せられればなと思います。バカはバカなりに言葉じゃなくて行動で示したいです。ここから。

長文失礼しました。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.