カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
949位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

<<他己紹介 その③ | BLOG TOP | 今日>>

                  
DATE: CATEGORY:アルペン
月山に行ってきました

天気は晴れ。下界はな…
上はやっぱガスってましたねでも、月山にしてはぜんぜんいい天気の部類に入りますよん

面子は、
   吉田、斉藤、鈴木、天野、たけい、小原

月山のちょっと変わった環境に戸惑いつつも、雪山から無事生還みんなTバーにのれるか不安だったけど、乗れてよかった~

さて、練習の方は
 自由に滑る→吉田、斉藤で教える→また自由に滑る

人に教えるって難しいっすてか、自分の言ってることが合ってるかもわかんないのに…。参考程度に受け取ってね

みんなお疲れ様!特に斉藤は運転お疲れぃ来週もよろしく~

久々の技術練習でしたが、
技術練習で大切なこと→考えること
 どう考えて練習するか
  どういう滑りが速いのかを理解する。
  それに基づいた、板の操作、体の使い方を考える。
  実際に滑ってみる。
  客観的評価and主観的評価。
  なんで上手くいかなかったかorいったかを考える。まとまんない時  はいろいろ試すべし!
  
 一般的に言われる基本的な技術は、スキーの流れ=速さにつながる非 常に合理的(単純??)な理論に基づいている。まずは、それを理解 し、実践する中で自分なりに解釈すること。自論がなければ、周りの いろんなことに流され、散漫になってしまいがち。そして、こういっ たことを理解していれば、アドバイスも理解しやすいし、自分の間違 いにも気づきやすい。
     
と、思う。よくわかんにゃ~い

           以上、吉田でした~


  
 
 






コメント

日焼けの所を冷やしてたら風邪ひきましたe-330ちなみに’たけい’だけ平仮名………

Tバーから落ちたり、お金飛ばしたり、財布落としたり、先輩方には色々と迷惑をかけてしまいましたが、新歓合宿以来のスキーで、とても楽しかったです。
私は鈴木さんと一緒に吉田さんについて練習して、色々と教えてもらいました。成程、と頭で理解は出来るのですが、それを実行に移せるほどのレベルにはまだまだまだまだ達していなくて・・・。
もし大学の間に私がアルペン経験者の鈴木さんに追い付こうと思ったら、練習の質・量ともに充実させて、必死でやらなきゃいけないだろうなと思いました。
身近に目標となる仲間がいるのは自分にとってすごくプラスになるだろうなと思ったり・・・アルペンに惹かれた月山でした。まだまだどの種目をやろうか検討中ですが・・。
吉田さん、斉藤さんありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.