カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

<<鹿角インカレ 総括 | BLOG TOP | インカレ女子5㎞フリー>>

                  
DATE: CATEGORY:ジャンプ・コンバインド

こんにちは
4年の南波です
最後のインカレが終わってしまいました。
今回自分は土日だけラボから脱走、鹿角にて二か月ぶりのジャンプを飛び、日曜の夜にはまた仙台という日程で
帰ってきてからもなかなか大変ななか、昨日チーフからのご指名でお前ブログ書けよと
まったく、いいこうはいをもったなぁ(ニッコリ
しかし現役でこうしてブログ書くのも最後になると思うとまた何故か感慨深いものもあり
今年一年、なかなかチーフの期待に沿うような活動ができなかった自分としてはまぁ最後くらい素直に従ってやるかとも思うのでした。

と、いうわけで!Σ(・ω・ノ)ノ
まずはお待ちかね、リザルトです!ばばん!

インカレ コンバインド




そして順位とそれぞれの反省をば。


第2位 高道
今までで1番滑る板で、今までで1番の声援の中滑ることができ、とても楽しかったです。ありがとうございました!!
金メダルを狙っていたのですが、力及びませんでした。しかし今までやってきたことは出せたと思います。
後半クロスカントリーはラップをとれたのですが、前半ジャンプで1位の塩島選手に40秒も離されたのが痛すぎました。やはり1部校ポイントゲッターレベルの選手に勝つには、ジャンプ、クロカン共にかなりの質の高さを求めていかないといけないのだと再実感しました。
ただ、自分の今回の結果で、経験者に勝って金メダルをとることも不可能ではないということが示せたと思うので、今後は自分がこれまで得た経験を後輩に伝え、東北大コンバインドチームの金メダリスト輩出に貢献していきたいと思います。
結果に、コミットします。笑


第5位 中嶋
手厚いサポートと熱い応援のおかげで凄く楽しいレースが出来ました。本当にありがとうございました。
結果としておそらく、靴一足分程度の差で4位を逃し5位になってしまいましたが昨年と違いコンバインドのレースが初めてできたと思います。
非常に良い経験が出来ました。東北大コンバチームは四年生だけじゃないところが少しは示せましたかね?笑
来シーズンはメダル狙っていきます!


第9位 南波
悔いはありません。
4年間の中で、一番純粋に試合を楽しむことができました。
辛いことも多かったですが、今年こうして競技に出て本当に良かった。
応援、サポートに回ってくれた方々に感謝します。本当にありがとうございました。
これから先、まだ自分ができることを後輩たちに残していけるよう、部と関わっていきたいと思います。
充実した4年間でした!!


第16位 長谷川
前半のジャンプはベストではないが今シーズンの中でもまずまずの動きだった。
後半のランに関しては体力や技術以前のミスを犯してしまい、悔やまれるレースとなった。一度、冷静になって仕切り直す余裕がなかった。


第17位 割田
サポートがとても厚く体調も良かったのですが、技術不足で悔しい結果となってしまいました。
スペジャンで点が取れなかっただけに緊張が過ぎてしまったのも反省点であると思います。
チームの足を引っ張ってしまって申し訳ない気持ちです。




 ここ数年、インカレでの大きな得点源であったコンバインド種目ですが、東大や名大など、ジャンプチームの人数が多い大学が増えたことやミディアムヒル開催も相まって、大量得点が難しくなっているように感じます。人数の多さを武器にできる大学が増えたことは、うれしい反面脅威でもあることを忘れてはいけません。
「何を武器に他大学の選手と争っていくのか」
これをしっかり見極めた上で、さらに「足りない部分をどう補うのか」
自分の例でいけば、「後半の強みを生かすために、ジャンプで他に離されない」というのが自分のスタイルでしたが、この「ジャンプで離されない」を実践するのが最高に難しい課題でした。
ジャンプはいくら本数を飛んだところで一本の質を高めていかなければうまくはなりません。
いろいろな、本当にいろいろな方々にお話を聞いて、ジャンプに関する知識を増やしながら自分のイメージを固めて、週に一度のジャンプで実践して、上手くいかなくて凹んだり時々嫌になったり・・・コーチや先輩の話を聞きながら、今までやってたことが全然違ってたことにショックを受けたり、考えが迷走した挙句着地したのは最初と同じところだったり。ジャンプに関しては自分は上手くいったことの方が少ないです。すぐ怪我しますし笑
でもそうやって積み上げてきたからこそ、少しでも成長できたなーって思えたときのうれしさはハンパじゃないんですよね(ジャンプはそーいう意味でずるい競技だと思います)
自分のジャンプに対するモチベーションはほとんどがこれだったと思います。
あとはノルディックチームの面々ですね。彼らがいなければ絶対ここまで来れなかった自信があります。
ほんのちょっとした成長や、仲間たちと切磋琢磨した日々の積み重ねが、自分を強く支えてくれました。
今年は色々と無理が重なってしまって、最後試合だけ出たカタチになってしまったんですが
それでもスキーばかり追いかけてできることは全部やった去年とか、少しでも上級生に追いつきたくて、認められたくてあがき続けた一昨年とか、本気でスキーをやろうって決意させてくれた1年生の時の全国公があったから、こうして競技をやりきることができたんだと思います。
先輩にも後輩にも迷惑ばかりかけました。(特に今年)
思い返せばたくさんの方々に支えられて、4年間この競技をやり終えて
すげー楽しかったし、この競技が好きだったんだなーと思い知らされました。
こんな満足感はなかなか味わえるものではないんじゃないかと思います。
ただこれだけはこうはいたちに言っときます。
4年目続けるのは大変ですよ笑
でも、覚悟を決めてやるのであれば、きっと自分以上に良いものが見えるんではないでしょうか
まずは満足できるところまで、おおいに頑張ってください。自分もサポートします(^^)/

長かった競技生活もこれで終わり。
実に、実に充実した4年間でした!
いままで本当にありがとうございました。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.