カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>

<<九大戦 男女クラシカル | BLOG TOP | それおれのチャリより安いよ!!!>>

                  
DATE: CATEGORY:アルペン
ウィース!みなさんお疲れ様です。
務台です。最近よく出てきますよね。その務台です。

題名はちょっと信じられないですけど、竹重さんは占いによるとそーなるみたいです。
あの緑の服装は偉大だった‼︎笑

今日は富良野合宿の移動日、明日の昼ごろに仙台着きます。
んで、明後日からやるであろう、うん、多分やる、十大の野沢に行きます。

楽しみだなー、みんなどんなにうまくなってんだろ〜なー

特に他人に興味ないのよ、応援してるけどね

そうそう、今年せっかく新しい板用意してもらったのに石とか岩踏んじゃって(今年は雪が少ないのが悪い!)もう傷だらけ
で、これ以上あいつを傷つけたくない!よけらんなかった自分も悪いけど......
野沢も石とか土とかいっぱいあるんだろうなー
あいつをこれ以上傷つけるわけにはいかない←みなさん察してくれ
ちなみに自分は35と27一本づつしか持ってないよ♡


それはさて置き、自分は言いたい事を言う!
それは前にミサトさんがブログで書いてた事と合宿について。
ミサトさんが言ってた意見交換みたいな話!素晴らしい話でしたね!もし自分が聞かれたら(実際に聞かれるかどうかは別)もちろん意見しますよ、アドバイスになるかわかりませんけど
ただ、その話に意見したいんですけど、もし自分が他の人に意見求めた時わかんないって言うのをやめてほしい、例えば自分が今の滑り外から見ててどうだったって聞いたりしたら、技術的な事も言ってほしいですけどわかんなければ感想でいいので言ってほしいです。かっこいいでもダサいでもなんでもいいです。
その次、合宿について。これは今回の富良野に直接関係することじゃないんですけど、もっとみんな各自で貪欲に能動的に合宿を求めるべきだと思います。今現役のアルペンが20人くらいいて、実際に活動できてる部員が15人くらいいるのに合宿は3パターンのみって不思議だと思います。3パターンってのは蔵王と富良野とニセコです。15人いて実力もバラバラで滑走日数もバラバラの状況でみんながみんな蔵王に行くのはどうかと思います。今年は雪不足で色々と大変なことはありましたが、人によってはポール練習が早く始めたい人もいれば、長い距離のフリーをひたすらやりたい人、簡単なバーンで基礎を確認したい人など例を挙げればきりがありません。どんな練習したいかは15人いたら15通りになると思います。なので各個人が自分がどんな練習がしたくてどんなバーンが必要でどれくらいの日程が必要あるのか考えて自分で環境を探していくべきだと思います。その中の一つの選択肢に蔵王合宿があるのであって、蔵王が全て、蔵王合宿があるからそこにみんなでなんて考えはいらないと思います。スキーは個人スポーツなんだから!部が強くなるには個が強くならなきゃいけない!そしたら可能な限り自分で環境整えていくしかないでしょ!
それこそどんな合宿が組みたい!みたいなこと言ってくれれば可能な限りサポートしますよ。12月の前半でやった夏油の3人合宿なんてまさにそれだしね!



さて、非常に長い前置きは終わりにして本題!
富良野合宿の総括!
今回は13日間フェリー移動で4日って計算してますけど、滑走日数は8日間という合宿でした。メンバーは2年から竹重さんくぼけんさん、1年から務台とゆうきの4人でした。少人数でかなり動きやすく結果から言えば大成功の合宿でした。

自分が企画してコーチと連絡とってって色々やって、グダグダにならないか心配でしたけど、練習と休みの減り張りがよくつけられていて非常に有意義でした。
それぞれでやりたいことを言いあって、練習を揃える日もあればバラバラに練習する日もあって各個人が欲してる練習が最初から最後までできたのではないでしょうか。4人がピリピリすることなく、自然なコミュニケーションを最後までとって、4人の仲も一層深まったのではないでしょうか。

自分は途中体調崩すこともあり周りに迷惑かけましたけど、とても合宿に満足しています。
やりたい事を全部やれたわけではないけれど、得たものは多く次につながる合宿でした。この時期の練習としては密度が高かったです。
また次があるなら必ず行く!うー、練習したいー滑りてー
写真とか動画は今度あげるから許してちょ

最後に、今回の富良野合宿において支援してくださったコーチの方々、スタッフ、レース事務所の方、合宿中にメッセージを送ってくれた両親や友達、長い間帯同した3人の選手に感謝です。

ありがとうございました。

この恩は結果で返します!長文失礼しました、ではでは

船が揺れるー
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.