カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
983位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
44位
アクセスランキングを見る>>

<<クロスカントリーフリー競技 | BLOG TOP | 男子GS結果>>

                  
DATE: CATEGORY:アルペン
GSの反省です

山下
一本目は103番スタートでバーン状況は固く締まっていて後ろからでもバンバン上位を狙える状況でしたが攻めきることができず、20位に終わり、二本目は反省を生かして攻めの滑りを心がけてラップと0.2秒差の4番目のタイムでゴールすることができました。

結果としては13位でポイントを取ることが出来てよかったです。SLは入賞を目指して攻めたいと思います。

笠間
一本目はフェアな雪面で、タイムを見てこれが自分の実力だと実感した。
二本目は練習、想定してきた通りの雪面で、落ち着いて滑る事ができた。
3年目だが、一番練習してきたことを詰め込めたレースだったが、結果に結びつかなかったのはまだまだやるべき事が多い証拠だと思う。SLは調子が良いので切り替えていく。

竹重
十大戦のGSではDFという結果に終わってしまったので、今回はしっかりと滑りきって結果を残す事が最低限度の責務と思って滑りました。
一本目に関しては、雪も2部の後半とも思えないくらい固くしまったていて正直上位陣と雪面状況は変わらなかったと思います。その中である程度自分の行きたいラインをとることが出来たのではないかと思っています。ですのでタイムとしては遅いのですが、いい収穫があったと思っています。
2本目については硫安が撒かれていましたが、雪は緩んでいて、掘れも中々でした。その中で掘れに逆らわない滑りを意識して上部についてはある程度高いラインで下りてこられたと思います。しかし、中盤から下部にかけては失敗はするわ、脚が疲れてしまって全然踏ん張りが効かんわで散々な滑りとなってしまいました。オフのトレーニングがまだまだ足りていないなということを如実に感じる結果となってしまい、正直恥ずかしいです。タイムもボロボロで……

初めてのインカレで色々得るものがありましたが、次のSLについては悔いの残らぬようしっかりと心身ともに立て直して臨みます。
応援ありがとうございました、引き続きよろしくお願いします。

務台
今回のGSはいい状態で挑みました。しかし、あっという間に終わってしまいました。これもレースです。
自分を見つめ直し、SLに向かって集中していきたいです。

穴田
1本目はターンを早いタイミングで仕上げられず、板が横ずれして減速させてしまい、ラインも落とされ良い滑りと言えるものではありませんでした。体を柔らかく使うことでもう少し対処できたと思うのですが、固い雪であったり、斜度変化のあるコースであったりでそこまで意識させてもらえませんでした。
2本目はスルーの後の斜度変化と掘れに共にやられ板をコントロールできなくなってしまいました。これからの課題としてラインを上に保ち続けることとインペの精度を上げていくことを感じさせらました。
今回のレースで1部の人の滑りを見たり、ためになったことが本当に多いレースだったので、上達してまた来年戻って来たいと思いました。
SLの方もよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.