カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
18位
アクセスランキングを見る>>

<<タイトルなし | BLOG TOP | テストジャンプ@鹿角>>

                  
DATE: CATEGORY:お知らせ
こんばんは望月です。
平日ですが講義がないので,2泊3日の鹿角合宿を決行しています!参加者2人というなんとも寂しい人数ですが,同期2人で楽しく過ごそうと思います。

今日は午前スケーティング,午後クラシカルを練習しました。


スケーティングでは腰を高い位置で走ることを意識しましたが,なかなかいいイメージが掴めません…。
腰の高い滑りってなんだ!?具体的に何がどういうことなんだ!?

ビデオも撮っていないのですが,もし何かヒントがあれば教えて下さい。先輩後輩問いません(必死)。明後日はスケーティングの3時間走をする予定なので,そこでなんでもいいから掴みたい…!


クラシカルではベースのあと,インカレでのスプリントを意識してダッシュメニューを行いました。
傾斜10本,平地5本。
傾斜の10本目は吐くかと…。でも,大きくダイアゴナルが出来たような気がします。


今回は,おなじみの御宿馬ぶちさんにお世話になっていますが,毎回のことながら神対応です。食事が豪勢です。ワックスルームで秘密のスーパーアイテムたちを使わせていただいてテンション高いです。貴重なお話も聞けました。明日の板の滑りが楽しみ。とりあえず長谷川源は,ジャンプ台でまぶちさんに挨拶しっかりね(笑)まぶちさんのご主人が,いおりんのブログ面白いねって褒めてたよ。


おわりー。
コメント

前にあるコーチから聞いたのは、
基本的に低い姿勢のほうがパワーが伝わるから、
後傾になって落ちるのはダメだけど、キック時には腰は低い位置にあるのが良いと。(スキージャンプの踏切然り)
腰が高い滑りというのは、低い位置から下にパワーを伝えた反動で腰が跳ね上がった結果的なものであって、意識的に腰を高く保つ必要はないのかな
と個人的には解釈してます。違うかもしれん。
いおりくんのブログは僕も面白いと思いました。

腰を高くするというより体幹の位置を高く保つイメージを持つことで効率よく体幹を使うことができて末端部分(足や腕)に疲労がたまりにくくなる?
よくわからないけど自分は割としっくりきてます。

ふむふむ…!ふたりともありがとう(^o^)
今日のベースで思い出しながら滑ってみます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.