カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>

<<あけましておめでとうございます | BLOG TOP | コンバインド結果>>

                  
DATE: CATEGORY:アルペン
IMG_3058.jpg
お疲れ様です。久しぶりに登場します笠間です。正月になってしまいました。遅くなりましたが昨日行われた十大学戦アルペンGS競技の結果をご報告致します。

天気は若干の霧でしたがプラスの気温の晴れ、雪質は…水分を多く含んだ重い雪でした。蔵王や直前に入った北竜湖では見た事のない雪質でした。

一本目はやや振り幅のあるセット、二本目はイケイケの真っ直ぐなセットでした。どちらも旗門間隔はそんなに長くなかったように見えました。レースが大幅に遅れ気持ちを維持するのが大変なレースでしたが、スタート前の雰囲気(青葉燃ゆるスタートとか)は他大学より良いものだったと思います。


それではリザルトです。上位3名と東北大学の選手を載せます。2ndcutは1本目上位男子25位女子15位のタイムと同タイムか上回れない場合2本目を滑る事ができない方式です。

男子正シード
順位 氏名 大学名 一本目 二本目 合計
1位 熊谷渓司 一橋 48.77 46.88 1.35.65
2位 山下毅 東北 49.39 46.48 1.35.87
3位 坂本昂生 北海道 49.54 46.91 1.36.45
11位 務台光平 東北 53.16 51.64 1.44.80
13位 笠間桂太 東北 54.60 51.74 1.46.34
18位 穴田柚冬 東北 59.44 56.59 1.56.03
35位2ndcut 松田敬太郎 東北 1.03.66
DF 竹重龍一 東北

男子オープン
4位2ndcut 久保田健太 東北 1.06.93
8位2ndcut 木村颯太 東北 1.16.87
DF 照沼敬洋 東北
DF 鈴木来夢 東北

女子正シード
1位 武井七海 京都 58.94 56.14 1.55.08
2位 加藤美月 名古屋 58.99 56.23 1.55.22
3位 田中杏奈 九州 59.61 55.94 1.55.55
5位 小関美里 東北 1.03.83 1.01.09 2.04.92
7位 村上日向 東北 1.04.58 1.01.24 2.05.82
9位 志田友香 東北 1.11.31 1.06.05 2.17.36
DQ 渡邊真澄 東北

各選手の反省です。
山下
今日のレースは優勝を目標にしてきましたが、結果は2位という結果でした。一本目はターンが遅れて修正することができずにトップと0.6差で、二本目はそこを修正してラップをとることができました。
次のSLは二本そろえて優勝したいと思います。
務台
今回のレースは自信のあるレースだった。練習環境がよく自分の伸びしろが例年より大きく感じでいた。
しかし、感じていただけのレース結果である。しかし、悲観は少ない。今回のレースを生かして伸びしろを使えるようになる。
笠間
自分自身に負けたようなレースだった。一本目は気持ちが空回りして、全く自分の滑りが出来ず、柔らかい雪に外足をとられた。二本目は割り切って色々考える事ができたが、一個目のスルーの前で大きく遅れて良い滑りをできたがタイムには繋がらなかった。もっと気負わず滑ればきっとやってきた事は出せるので、SLは伸び伸びいこうと思う。
竹重
正シードとして選ばれた以上完走するのが義務と思っていましたが、不甲斐ないことに途棄という結果になってしまい申し訳ない気持ちと情けない気持ちでいっぱいです。
次のSLではしっかり2本揃えて完走してリザルトに名前を残し、その上でポイントに絡むような成績を狙います。
穴田
試合の1本目はセットに振り回されひどい滑りでしたが、それが自分本来の実力の滑りだと思っているので、しっかりとビデオを見直し、自分のやろうと思っている滑りをどんな状況でも出せるように練習していきたいと思います。
松田
課題もあり、収穫もあったレースだったと思います。次回からのレースにつなげていきたいです。
久保田
完走できてよかったですが、オープンで1位を取れなくて悔しかったです。SL頑張ります。
木村
初めてのレースで完走出来て良かったです。
セカンドカットは予想以上に高い目標でした。
まずは1年の中で一番になれるよう頑張りたいです。
照沼
今回の結果が今の自分の実力なんだとは思う。自分がやりたいことはやったつもりではある。けれどもそれを徹底できなかったから最後は足を取られたし、その前でも危なかったときがあったんだと思う。もちろん今回の結果では満足できないし、タイムという結果を残していきたい。そのためにも多く練習をし、色々な方法をことを考え・行ない、自分の技術を磨き、レースで完走できるように、そして攻めていけるようになっていきたい。
その一歩として明後日のSLを滑りたいと思う。
鈴木
練習で散々言われていた板の後ろに乗ってしまい転倒という悔しい結果に終わってしまいました。練習から1本1本集中して少しずつ良い滑りになるようにしていきます。
渡邊
まず、第一シードで出させていただいたのに結果が残せず申し訳ありません。二本目ができないとわかってからそればっかりです。早くSLに向けて切り替えます。
前半の振りで足を取られてコースアウトはしなかったものの外側の雪に乗って止まってしまい、中盤の細かいセットでの少しずつの上体の遅れから左ターンに入れずスイッチバックして、結果としてはDQでした。蔵王から北竜湖での練習にかけて言われ続けた上体の姿勢、位置、外足に乗る、ということが十分にできなかったことが原因として挙げられます。そして自分では感じていなかったけれど顔が死んでると言われるくらいに緊張していたようで、気負いすぎたと思います。それでもタイムスケジュールが不安定な中、スタート前までずっと体が温まった状態を保てたのはよかったです。合宿で負傷した肩は痛みも引いてだいぶ動くようになり、外足にきちんと乗れていれば内倒なんてするはずもないので、2日のSLではGSの反省と今までの練習での改善点を意識して結果を残します。
小関
短い練習期間の後の初めての大会でしたが、課題を意識し改善するように滑ることができたと思います。しかしながら競技の中でもまた改善点が山ほど出てきたので、模索を繰り返しより良い結果をだすようにしたいです。
村上
今日は比較的リラックスして滑れたと思っているので、今日の結果が実力だと思っています。
滑りに関しては細かくよく反省して今後につなげていきたいです。
まだまだシーズン始まったばかりなので、この結果を真摯に受け止めてこれからも練習していきたいです。
応援ありがとうございました。
志田
まず二本とも本当に楽しく滑ることができました。目標としていたことが達成できたので、今できることはできたと思っています。初めてレースを体験してみて、練習してもっと速くなりたいとも思いました。


長くなりましたが、明日はSLです。大雪で例年の如く荒れることが予想されますが、食らいついていく姿を応援して欲しいです。異国の地にいる稲永や離脱してしまった時田、そして嶋田、4年生の分も頑張ります。
アデュー




p.s.
画像追加しました
りょー
コメント

皆さんお疲れ様でした!

とりあえずみんなケガがなくて安心してます。
明日のSLもがんば!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.