カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

<<実はソーダイ | BLOG TOP | 工藤さん合宿>>

                  
DATE: CATEGORY:ジャンプ・コンバインド
どうもこんばんは、ジャンプチーフの南波です
最近、埃がたまっているのか毎朝ものすごい咳に悩まされています。
他にも色々とたまっているものはありますが、とりあえずそれは置いておくことにして、部活の話をしましょう(>_<)あと部屋の掃除はこまめにしましょう。

さて、今年初のジャンプ合宿は先日行われた妙高での合宿でしたが、今回はタイトルにもある通り、鹿角にてジャンプ合宿をして参りました!”偶然”まったく同じタイミングでランナーの「工藤さん合宿」がローラーコースで行われているのを横目に、自分たち四名宮崎さん、のりたけ、ワック、そして自分は真夏のような日差しの中、より太陽に近い場所で、あの空を飛ぶ鳥のように、秋田の大空へと飛び出していました。
・・・ふむ。ここだけ読むとかなり聞こえは良いですね。しかし、現実はそう甘くないんです。そう、この土、日の鹿角の気温は30°近かった。実際、鳥というよりは焼鳥に近い状態で練習している気分でした。誰だよ土日雨とか言ってた奴←

まぁ、暑かった以外はほぼ、完璧と言っていいコンディションではありました。その中で、今回こそ自分は何かを”掴んだ”ような気がしています。具体的なことを言おうとすれば恐らく擬音しか出てこないので遠慮致しますが、それでも今、「ジャンプ」という競技を、もの凄くシンプルな目線で捉えられているような感覚を得ています。きっとこれから先も何回も行ったり来たりを繰り返して、その感覚すら紆余曲折して変わっていくのかもしれません。しかし、その”変化”こそが、少しずつでも前進している、ということなのではないかと思います。うちのコンバ陣はもちろん、他の十大勢やインカレ二部のジャンパーたちに後れを取らないよう、この「ほんの少しの成長」を大切に、しかし野望は大きくこれからもジャンプしていきたいと思います。今年の自分のモットーは「やらない後悔より、やる後悔」です。

さて、そんなこんなで行われた合宿でしたが、今年は例年とは少し違った催しをすることにしました。
合宿二日目、暑さにやられて体力も限界間近!午後二時半開会!
「第一回 東北大杯(カップ)」
面白そうでしょ(笑)

簡単にルール説明をさせていただきますと、
二人一組で、一人一本ずつミディアムヒルにて飛躍を行い、
二人の飛距離の合計に応じて、5mで1分のタイム差を設ける。
そして一周2.5kmのローラーコースを一人3周する、チームスプリント方式で、先にゴールした方がアイスを奢ってもらう権利を得る。
と、ジャンプ台とローラーコースを合わせもつ鹿角だからこそできる、プチコンバ戦をしよう、と。
前日に決めておいたくじ引きによるチーム分けで、チームは以下のようになっていました。

ちーむ理物(理学部物理学科)
宮崎伸彦 東北大学4年
南波和希 東北大学3年

ちーむ機知GUY(機械知能工学科男子)
高道範武 東北大学3年
ワック   日本代表2年

いやー、熱い展開になりそうですねー!やはり個人的に一番注目なのは先日泉ヶ岳TTで自己ベストを7分近く更新して絶好調のワック選手ですかね!彼はその日ゴールした時の第一声が、「これでしばらく晶子ちゃんに抜かれないで済む」だったそうですよ。それでは結果を見ていきましょうか。

飛躍
ミディアムヒル(K点=50m) 風はほぼなし、快晴
宮崎 41m
高道 36m
南波 34m
ワック 26m(+20mでタイム差を計算)

チーム合計
ちーむ機知GUY 82m
ちーむ理物    75m

結果、ちーむ機知GUYが1分24秒先行してのスタート、ということになりました。ワックの+20mはまぁハンデみたいなものです。きっと割・・・ワックならそのハンデもいつか必要なくなると信じています。だから今はこれで頑張ろうね。
距離の結果に移ります。

距離
一周2.5km(くらい) 路面 非常にdry 途中の水分補給は認める
タイムキーパーがいなかったので、2チームのフィニッシュタイムだけになってしまいますが(^_^;)

チーム理物  一走 宮崎 二走 南波    Time 40'15 (1)
チーム機知GUY 一走 ワック 二走 高道  Time 42'30 (2)

結果は理物チームが見事に距離での巻き返しに成功し、逆転勝利を収めて第一回 東北大杯は幕を閉じました。
これから月一回くらいの感じでメニューに組み込んでいきたいと思いますが、距離のほうは本当に辛かったので、もう少し気温なども考慮していこうと思います(^_^;)あと次は絶対のりたけには負けません。
今回の合宿は暑さもすごかったですが、それ以上にモチベーションに繋がる何かを得ることができたと思います。
ワックは晶子ちゃんのことばっか気にするんじゃなくて、ちゃんと前の人を追いかけようね。

以上、そろそろ疲れたのでこの辺で
課題もたまっていますしね(笑)
長文にお付き合いいただき、ありがとうございました^^
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.