カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
627位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

| BLOG TOP |

                  
DATE: CATEGORY:練習
ランナー3年の細井です。絆以降書いてないことがバレてしまいました。意外と文章を作るのは好きなので、ブログ書くのを引き伸ばしたりはしません。


Abstract
本日の3000.TTをもってランナー部門のオフシーズンの全体としてのトレーニングは終了しました。残り数週間は各自調整をしていよいよシーズンインです。

Introduction
今回の3000TTの個人的なプランとしては、ここ数日のハードトレーニングによる筋肉痛や前日の泉ヶ岳での疲労、低い気温等を考慮して、身体が元気だった前回の3000TTのタイムを超えることは厳しいと判断し、タイムはあまり意識せず、レースのつもりで臨みました。
 具体的には、最初は上げすぎずに入る、1km過ぎでペースを落とさない、2km過ぎでギアを変えてスパートをかけるの三つを意識し、比較的タイムの近い白木(S.yudai)に勝つことを目標としました。

Result
S.yudai (3) : 10'55"
H.Takuma (3) : 10'59"
A.Sota (3) : 11'09"
T.Syogo (3) :
N.Kazuma (1) : 11'39"
S.Narisa (3) : 12'20"

Conclusion
見ての通り、完敗でした。言い訳としては、最初の500mで周りのペースが速すぎて焦ってしまったことと、2kmの折り返しで白木に先に仕掛けられてしまい、ついていくのに精一杯だったことです。
 個人的に今年の3000TTの目標は10'30"で、結果的にベストが10'49"だったので、悔しい気持ちはあります。もし来年機会があれば10'30"を目指したいです。
 全体としてのことを言うと、二年生が体調不良と芋煮のけがで何日か練習できてないので、できる限り万全の状態で冬に臨んでほしいです。一年生はこの調子でどんどんうまくなっていくと思うので、ぜひスキーを楽しむことを忘れないでほしいです。(上から言ってみました)三年の同期に関しては、みんなすごいので言うことはないですが、自分としては冬での下克上を目指します。


Aoppendices
以下では、練習や練習時間の配分について二年間の経験則から考えたことを書きます(すごい当たり前のことを難しめに書いてみました。とばしてくれて大丈夫です)

 Y : クロスカントリースキーのパフォーマンス、 S : 持久力、 M : 筋力、 T : 技術(滑りだけでなく、ワックス選び、アジリティも含む)、 ε : 他の要素(メンタル、道具) と定義したときに、 Y = F(S,M,T) + ε …① となると想定します。
ここで、Tは経験によって決まると考えると、 E : 経験量としたときに、T = G(E) …② と表せ、TはEの増加関数であると考えられる。
②より①は、 Y = F(S, M, G(E)) + εとなる。つまり、持久力、筋力、技術によりパフォーマンスは決まると考え、
∂Y/∂S > 0 、 ∂Y/∂M > 0 、∂Y/∂T > 0 、 ∂²Y/∂S² < 0 、∂²Y/∂M² < 0 、∂²Y/∂T² < 0 とする。
すなわち、S,M,Tが増えればYは増加するが、その増加率は徐々に減少していく。経済学でいう、限界生産性逓減である。
そこで私は、単純に考えて、F(X) = S^1/3・M^1/3・T^1/3 と想定した。
つまり、Y = S^1/3・M^1/3・T^1/3 + ε…③ である。
よって③より、εを無視して考えると、⊿Y/Y = 1/3・⊿S/S + 1/3・⊿M/M + 1/3・⊿T/T である。
したがって、自分は今回のオフトレでは、練習量を持久力系 : 筋力系 : 技術系=1:1:1 になるようにして臨み、経験によって決まる技術の要素をより押し上げるため、経験=練習量(持久系、筋力系は除く)×練習効率と考え、練習量、練習効率が上がれば技術が上がり、技術が上がればパフォーマンスも上がると考えた。
最終的に、練習の絶対量を学業等に支障が出ない程度に増やし、練習効率を上げるために練習においての意識、反省を行うようにし、練習時間はラン系=筋トレ=ローラー、球技 で配分できるように臨んだ。(ポールジャンプはすべての要素に当たると考えた)
*ただし、筋トレは長時間できないため、60分LSD = 30分筋トレとした。
 ここではεを無視しているが、高野のように初期段階から持久力のある人や颯太のように技術がある人は違った配分になると思うので、各自の現状に応じて考えてもらえるといいと思う。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
こんにちは。スキー部のディカプリオことテヅプリオです。
お久しぶりです。何かと怠慢してました。ごめんなさい。今回は10/26に鹿角へ日帰りローラーをしたことのご報告です。

まず、この場を借りてご報告致しますが、毎年参加しているサマーノルディック大会in鹿角(通称サマノル)は今年度台風の為、競技日程の変更や片道4時間に及ぶ移動等を考慮し参加を取りやめさせて頂きました。応援していただいた方には大変申し訳なく、お詫び申し上げます。
また同時にシーズン前、オフシーズンの成果を具体的な数字・結果として示すことができないままシーズンへ入ることになりました。
正直なところモチベーションの整理がつかないです。。。

というわけで、今回行く予定はありませんでしたが急遽鹿角へ行くことになりました。
→メンバー は、Tezprio (3年) , Shirakin-ball (3年), Shima-stone (3年), Neo=Daniel(3年)
→メニューは以下の通り。
AM cl 120’ (DP40’ medくらい)
PM sk 120’ med 1週 ×4

やっぱりコースを回ることは楽しいです。比較的ハードワークはしませんでしたが、適度に心拍を追い込め技術を確認・発展させることができ、かなり良い練習ができました。Daniel has made run stable and fun. His refraining plane in this summer gave him great confidence. Shiraki-ball has done muscle training to be able to run with only double poling. Shima became much better than April. She is going to get great result in races.
シーズンまであと数週間。最後の追い込みに入っていますが、もう一息頑張ります。
201911080927065a9.jpeg

色づく鹿角の山々







——————————————————————————————————————————————
二部開演
ここからはたわいもないことを綴ります。
今シーズン、ランナーの元エースは全く練習に来ませんでした。
→ふぁっPたかの。
201911080936300f6.jpeg


最近やたらとノートを荒らし無駄な通知を起こす多重サイコノズパス。研究室ではそんなキャラじゃないらしく、能ある鷹は爪を隠すというが、
残念、鼻が隠れない!!

20191108093541ef3.jpeg


鹿角の帰りにスシロー行ったよ。とびっこ食べたよ。しまいには、最後の一個をみんなで譲りあったよ。
20191108093903674.jpeg


京都の人ブログみがち説。スターウォーズの感想は12月は控えてください(切実)。
20191108094201429.jpeg


そんな僕らは音威子府ウォーズうぃる
201911080944197b7.jpeg


最後にまつマラをサボりました。ごめんなさい。

20191108094539f13.jpeg


ps.最近の個人的なモチベーションは「きゅうしゅう」

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ジャンプ・コンバインド
こんにちは、新海です!


今回なんですけども、少し前のサマコンです。遅くなってすみません。


今回も山本さんと二人で参加してまいりました。

大会日程は公飛が10/11(金)で、スペジャンが10/12(土)となっており公飛から参加する予定だったのですが、実はこのときあの台風19号が直撃していたんですよね、、、。
とりあえず公飛はいけると判断し向かったのですがまさかのスペジャン本番が10/11に日程変更に!!

結局公飛一本の本番一本という予定となりましたとさ。






結果は、非常に不満足なものとなってしまいました。





しかし、得られたものは非常に大きいと感じます!
むしろ本番でこうなることは全然あり得ることですし、こういう状況で合わせることこそ普段の練習と変わらないくらい大事なことだと思います。
あと、試合形式の一本は非常に緊張するのでやはり慣れが絶対的に必要だと思います。
プレッシャーのかかったときにいつも通り、平均以上のジャンプを出すようになるためには記録会などで定期的にプレッシャーをかけて、飛ばないとなと改めて感じた所存です。
実際、夏に限らず冬もやるのも全然ありなので機会見つけてやっていきたいですね。



思ったことを書きましたが、今回は色々ありましたね。なんと今年は東大の三川と京大の山田も参加してました!毎年東北大の先輩、後輩と出ていただけに新鮮でしたね〜〜。三川は相変わらずすげー飛んでましたけど、結果は本人的には良くなかったらしく鬱ってましたね、、、、ストイックだ!

あと、京大のきららちゃんもサマノルのスプリントに出るために来ていたんですがジャンプのビデオ撮りもしてくれました!!
ありがとうございます!m(_ _)m


IMG_20191012_104159_1.jpg


かっこよかった!!ナイスファイト!!




IMG_20191012_101425_BURST001_COVER.jpg



そしてついでにローラーを練習する山田、いい笑顔

今回は折角なので五の宮に泊まらせて頂きました!
シュミレーションしたあとはゆ〜っくり温泉に浸かりすっかり観光気分でしたね。笑
さらにここカイジがおいてあるんですよね〜。面白すぎる!!


風呂後にはやまもちさんと晩酌。
キンキンに冷えてやがる!!!
あ、ありがてぇっ、、、


新海、41000ペリカの散財、、、!!!



あと、帰りはしんとろの湯という鳴子近くの温泉にも行きましたよ。


IMG_20191012_133051.jpg


帰りに食べたじゃじゃ麺!


そんな感じでさようなら。
| BLOG TOP |

 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.