カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

| BLOG TOP |

                  
DATE: CATEGORY:ジャンプ・コンバインド
こんばんは。コンバ1年の林です。1/19にライザに練習しにいきました。メンバーは竹井さん、新海さん、三竿さん、島田さん、颯太さん、さば、林でした。

この日のライザは快晴で、暖かかったのでとてもよかったです。一面の銀世界はとても美しく心を奪われましたね。ただあまりに真っ白だったので、白いオーバーを着た三竿さんがどこにいるのかわかりませんでした(笑)

私は新歓合宿以来のクロカンだったので、すぐにすねパンしてしまい大変でした。しかし、ゆっくりではありますが2回コースを回れたので自信になりました。ほとんどノンポールで練習して板にまっすぐ乗ることはある程度意識できましたが、後ろ蹴りになりがちでなかなか進まなくて雪上での難しさがよくわかりました。上手く滑れはしなかったけれど、景色もよくてとても楽しかったです。もっとたくさん練習して上手くなりたいですね。

ライザで練習したあとにみんなで蔵王に行ってw杯を見に行きました。意外と混んでいなかったので、近くでしっかりと高いレベルの戦いを見ることができてとても貴重な体験をできました。ドイツのAlthaus選手のジャンプがとてもきれいだったのが印象に残りました。テレビではあまりw杯を見ていなかったのですが今後はもっと見てみたいです。

こんな感じで充実した一日を過ごせました。大会に向けて練習頑張っていきましょう!

w杯が終わったあとに打ち上げられたZAOという花火
20190121104000d69.jpg


表彰式
20190121104623b76.jpg
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お知らせ
崖の下の元主将、竹取の翁こと竹重さんの実家の竹刈りのお手伝いをした現主将の新海です。

先日の九大戦の結果をご報告致します。

男子総合優勝、女子総合優勝そして、男女総合も優勝致しました!!
20190117161417b26.png


男子に関しましてはクロスカントリーの部門でフリーで5人、クラシカルで4人がポイント致しました。東北大学の層の厚さの強みがでたと思います。経験者がいないにも関わらず、合計ポイントは1位です!

コンバインドは二年の浅野が男子唯一の金メダルを獲得しました!しかし、部門としてもっとポイントを取れる余地は多いに有るのでインカレに向けて精進したいですね。

アルペンはGSで悪いコンディションというのもあり、ポイントは少なかったものの、SLで一年の志関が銅メダルを取りました!今後に期待です!


女子はクロスカントリーのリレーで優勝致しました!!
また、クラシカル、フリーともに及川先輩が銀メダルを獲得。
アルペンではGS,SLともに金メダルを大沼、銀メダルを木村がとり大量得点し女子圧勝に大きく貢献しました!


今回は優勝しましたがインカレはより手強いので気を引き締めて練習したいと思います!
インカレの日程は2/19〜2/23で野沢温泉でおこなわれます。もし、お立ち寄り頂けるOBの方がいらっしゃいましたら是非宜しくお願い致します。
下記メールアドレスに御連絡下さると幸いです。
ski.racing.tohoku@gmail.com
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ジャンプ・コンバインド
お疲れ様です。
4年稲村です。

1月3日に九大戦スペシャルジャンプ競技が行われました。
何度も言ってる通り自分にとっては最後のジャンプでもあり引退試合です。

結果は以下の通り
201901171511057ff.jpeg
20190117151106e07.jpeg
201901171511047fe.jpeg



各々反省
さば
イワシのようなジャンプをしてしまった。もっとさばになりたい。
また、今回反省を送れと言われたにも関わらず結局送らなかった。次からは誰よりも早く反省を送りたい。

浅野
コンバで肩の荷が降りて飛びやすい状態だったのに、思い切りにかけてしまった。ジャンプはもっと場数を踏まないとミディアムには対応出来ないので、行ける練習は全て行って上達したい。

石原
コンバ同様上半身の力をぬけきれなかった。

竹井
もっと足の裏の感覚を意識して飛びたい。

三竿
スタートをなんとかしないと先に進めないと思った。
初速に遅れないようにする

新海
良いポジションで踏めるようにする。

稲村
前日の公開飛躍の時から、スモールに対して恐怖心がかなりあった。自分が思うように動けず、何とかポイントはできたものの正直言って満足する結果ではない。
ただ気持ち的には楽に飛べた。でも最後はやっぱり楽しめたのでよかったです。



はい。こんな感じです。
何はともあれ、二年前みたいに最後の日のジャンプで一気に逆転されるようなことがなくて安心です。

まあ、最後に自分からみんなに。

自分はあんまり人を煽ったりするのは正直好きじゃないので、本当に思ったことを書くね。

やっぱり楽しんでやるのが一番だと思います。
誰から何を言われようと、自分で思うことをやればいいんですよ結局。
周りに迷惑はかけちゃダメやけどね。

でも好きなようにやるのが一番って言っても、やっぱり現実うまくはいかないわけで。
人それぞれいろんな考え方を持った人がいて、まったく同じなんて人はいないわけだけど、誰が正しくて間違ってるなんてないし。

お互いにぶつかり合うこともあると思いますが、まあうまくやってください笑
あまり自分の意見ばっかり押し付けずに、冷静になってお互いの意見に耳を傾けてみるとか、まあ大人の対応をね笑
僕も人のことは言えないんですけどね笑笑

スキー部に入って自分もみんなにいろいろと迷惑かけました。
ほんとに。
でもやっぱり4年間しっかり続けてよかったと思うし、なにより楽しかった。
まだ、国体予選、インカレ、全国公と続くけど、頑張ってください。
差し入れはおくります笑



去年、せかぱいがやってたので競技に対して少し。

コンバインドって普通に考えて面白いよね。
主に瞬発力のジャンプと、持久力のクロカン。
相反する種目で総合で争うってなかなかないよね。
ワールドカップの試合展開とか見とって楽しいし。

ジャンプはせかぱいと同じでやってみてから考えるかな。
ジャンプで新しいことやるとかかなり勇気いるよね。
僕みたいな人はとくに「これやってみて怪我したらどうしよう」とか考えちゃう。
やらないとうまくならんのはわかるし、うまくいかんかったらまた別のことを試すまでなんやけど実際かなりムズイ。
でもなんだかんだ気持ちなんよね。
恐怖なんてすぐには克服できんわけで、どーせこけるんだったらやってみよとか上手くいったら帰りにバナナロール買って帰ろとかそんくらいの気持ちでやってみればええんやない?
克服できたらできたで、また次が来るけど鹿角で40くらいいきだしたら楽しくてしょうがない時期がくるはずって。
まあ頑張って笑

クロカンはぶっちゃけ好きか嫌いかでいったら嫌いよね笑
きついし、コースによってはジャンプより怖いとこあるし笑
ジャンプみたいに踏めば飛ぶみたいな感じでもないしね
でも、たまに感じる爽快感は忘れられんよね。
きもちよかったなあ。
体動くときとかはかなり楽しかったイメージ。
一週間に1回あればいい方だと思うけど笑
まあクロカンに関してはランナーの方々がかなり熱いものもっとるけん、その辺聞いてみれば?笑


総括
なんだかんだ途中でやめようとかは1年生のころしか思わんかったけど、ここまで続けるってことはやっぱりスキーもこの部活も好きなんやろうなあ。
いやなこともいっぱいあったけど、それも含めていい経験でした。
てことで感謝の動画作ってみました。
時間ある時みてね。



最後まで自分はやっぱりかまってちゃんだなあと実感。
ではでは。

ラスト白文字↓

さてみなさん、実は僕はコンバインドチームに入ってからずっとブログに白文字で色々と書いてきました笑まとめてみたので見てみてね笑
2015/08/19「ジャンプ合宿3日目&まとめ」
南波さんと源さんも次は来てくださいね!!!!!
2015/10/04「ジャンプ練」
お疲れさまで~す←最近部内でいじられているK次郎のマネ
2015/10/27「真の雨男へ」
松マラの後一年生会をしました。めっちゃ楽しかったです!

2015/12/10「合宿4日目 ついにあの方が…」
たきやまさん、もう少しくるタイミングを考えてください!!!
2015/12/18「源さん」
源さ〜〜ん
2015/12/23「朝日町練習最終日」
きょうかちゃんへ
数日前のブログでコースを間違えたきょうかちゃんを笑ってすいませんでした。
自分もやってしまいました。本当に申し訳なく思っています。
2015/12/29「九大戦 コンバ後半??」
ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
2016/02/04「鹿角合宿 二日目&まとめ」
ちなみに今、自分の前の席の女性がすごく美人です。テンション上がってます。
2016/02/08「フルグラ最高!」
長谷川就がモンハン始めました。消灯時間過ぎてもやってます。ハンターランク3だそうです。山井さん、手伝ってあげてくださいm(__)m
2016/02/12「僕マイナン!よろしくね!」
せーかさんが持ってきたCDに入っていたホモの歌が大人気です。
皆さんも聞いてみてください!
2016/05/05「ナイタージャンパーのチーフがあらわれた!いけ、あめおとこ!あめおとこのあまごい!こうかはばつぐんだ!」
なんばさん狭そう。うおおおおおおおおおおおおおおおお。狭いだろお?もっと狭くしてやろおかぁ?がははははははー。ほんとにおしまい。
2016/06/01「雨男脱却への道」
最近眠くてしょうがない。頑張ります。以上!初ジャン楽しみ。
2016/06/27「それでもやっぱり・・・」
・平山悠暉
「ランナーラインに入りたい」。おれもや。
2016/08/19「ジャンプ練にいってきました!」
オリンピック看取って楽しいわ。メダルいっぱいとって日本を盛り上げてください!!あ、まだオリンピックは始まってないことになっとったんやった。失敬!
2016/08/21「ジャンプ合宿!!」
通りもん買ってきたよ。みんな是非食べて感想を聞かせてくださいね!。
2016/09/07「一番のメイン事項は白で書きました。」
ノーマル飛びました。
2016/10/04「ペガサス=天馬=羽生えた馬=ギリシャ神話に登場する伝説の生き物」
東大の林くんへ

アンダーの色はよしけーがパクったんだ!!!俺じゃないぞ!!!!!
2016/10/28「サマコン スぺじゃん」
白文字でもてんしょんひくい
2016/10/28「しおひがたけTT」
白文字もハイテンションです!!!!!!!!

2016/12/11「旭岳」
そん 

2016/12/14「旭岳合宿」
おつぽん
2016/12/24「朝日町」
わろれんなう
2017/02/14「コンバインドがっしゅく」
ちょもー、ちょもがかいたブログを見たいちょもー
2017/02/19「大鰐いいいい」
スキー部大好き♡
2017/03/02「絆 〜ambitions crossover effects〜」
もう東北大学に入学を決めた新一年生のみんな!学友会スキー部は入部をお待ちしております!大学生活、僕たちと一緒にスキーしませんか??
2017/05/12「さまじょん始動」
がんばるぞ
2017/05/31「第2回北雄杯駅伝TT」
北雄杯今年は仮装部門で出るお!優勝狙うお!!
2017/09/08「3000TTについて」
更新遅れてごめんなさい
2017/09/08「消えた豆乳」
研修やだ
2017/09/26「清水さんキャンプ!」
見とけ
2017/10/29「サマコンやねん」
あー製図と実験つら。はよ終われ。ベネッセもやめたい。
2017/10/31「学連合宿」
川柳作りました。
三竿くん
あぁあぁすごい
あぁすごい
2017/12/11「12/11 朝日町 加湿おじさん報告」
朝日町のご飯も負けてないぞ!筋子を明日も食べるぞ
2017/12/19「朝日町合宿報告 〜8コマ連続終えて〜」
明日の昼ごはんはオムパレスでも行こうかな
2018/01/24「過去の栄光は永遠に・・・」
脈打つその鼓動に嘘は
ひとつだってないでしょ?
倉庫のウソだらけの世界でも
君の鼓動はうそをつくことなく動いて
生きてるでしょ?

どんだけ毎日嫌なことばっかりで
死にたくなったとしても
皆でこの歌を歌えば
大丈夫だ!
ほらみんな!

ガチンコという言葉からガを・・・♪
2018/02/02「ヒュッテッテ」
どーせせーかさんはルンビ応援するんだろうな〜。僕はさらちゃん推しです。
2018/02/22「鹿角行ってみた! 2月13日」
youtuberデビュー、ほんとはやりたくない
2018/02/28「ううう…」
うううう…。
2018/03/06「インカレ コンバ」
テンションが低い時には音楽を聞きます。オススメはONE OK ROCKの「キミシダイ列車」「CONVINCING」とWANIMAの「ともに」です。元気出るので是非聞いてみてください。
2018/03/23「新入生のみなさんへ ジャンプコンバインドチーム新歓PV!」
自由な四年生になるつもりが何やってんだか
2018/06/11「SUP!」
今度また募集かけるよ
2018/8/17「こんにちは」
浅野くんは新しいあだ名はわさおになりました。今後とも彼をよろしくお願いします。
2018/09/08「潮干ガタケ」
要はブログが見たい。てかもはやブログの記事の内容よりもコメント欄の展開を見たい説
2018/01/14「ついにラストサマジャン!!!!!!!!」
動画は総集編として次作るね!しのぶー遅れてごめんっ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
2019年1月12日土曜日、7時半に片平に集合して鳴子温泉へ。板、ポール、そして練習後の補食は用意した。目覚まし3台稼働させて無事に5時半起床。朝食を済ませ、明日に控える成人式の準備等を進め、7時5分に家を出発!した瞬間にチーフからの電話が鳴る。その瞬間嫌な予感を感じた私は、LINEで日程を確認する。やってしまった、そう、集合時間は7時だったのです。
ということで30分遅れて片平へ。反省してます。

という個人的な話はさておき、串田チーフ、しのぶチーフ、エリさん、三竿さん、新海主将、自分の6人で鳴子温泉に行きました。雪が少なくてコースが空いてるか不安でしたが、宮城県の中高の総体があり、カチカチでしたが、雪はあって、いい練習ができました。3時間ほどskのベース中心に練習しました。自分としてはやはり硬いバーンになると足首辺りがすごい痛くなり、普段の脚を持ち上げて滑るクセを痛感したので、無駄なく滑れるようにノンポールから意識して修正していきたいです。ただ収穫もあり、クイックでの上半身の使い方はわかってきた気がするので、この感覚を大事にしてより体全体を使った滑りを目指したいです。ただ、体をねじって軸がぶれるのは気をつけて、串田さんとかの軸がぶれないで上半身を使った滑りを真似していきたいです。体幹頑張ります。

余談になりますが、同窓会で中学時代の先生が言っていた、
「君たちはどの方向が前なのかわからなくなるかもしれない。けどな、今向いてる方向が前なんだよ。その方向に進んで行けばいいんだ。それで失敗したとしても、また引き返してやり直せばいいんだよ。だから今は色んなことを経験して、中身の詰まった人間になれ」という言葉を信じて、色んなことを今年はやりたいと思います。

以上、成人式から帰ってきて東北大学は平和だとしみじみと感じた細井でした。
ps:イッシーに最初に名乗らない主義を否定されたので、次からは考えます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ジャンプ・コンバインド
!-------------------------------------------------------------------------------------

前置き
この記事は再放送的な感じでお送りしております。
なので「あれ?これめっちゃ前の記事じゃん」とか思ってもそれはあなたが見逃しただけです。
ぼくは悪くありません。



っていうのは嘘で悪いのは僕です。大変申し訳ございません。
でも僕はブログの記事を更新するのが遅れても、それをしれ~っとあたかもその時期に更新されたかのようなことはしませんよ?

ね?わりt…なんもないです。

なのでこの記事を読む前にやってほしいことがあります。それは自分に暗示をかけることです。
次のように暗示してみてください。

「今は11月…まだシーズンは始まっていない…」

これを5分繰り返しやった上で読むこと!いいですか??
続きを読もうとしたあなた!まだ早いよ!!

do time = 0, 5分
「今は11月…まだシーズンは始まっていない…」
enddo

5分間暗示したあなた!さあ行こう!


!---------------------------------------------------------------------------------------

お疲れ様です!!
4年の稲村です!!

この間の11月11日にラストサマジャンにいってきました!!!
結構最近ですね!!
僕としてはラスト鹿角じゃんぷということになりました!!!
メンバーは前日の新海が書いてくれた記事と同じです!!!
最近の出来事ですが、でも一応忘れた人がいるかもしれないので書いときますね!!!

メンバーは
四年いなむら!
三年しんかい、みさお、たけい!
二年いしはら、あさの!
一年じんどう、はやし、さば!
ランナーこしば、おいかわ!

なかなかのメンツです!!

この日の天気は覚えていると思いますが、晴れ!!!!!

20190114232643ee0.jpeg

みさおがまぶしいです!!!

20190114232642fdd.jpeg

今場は午前ジャンプです!!
この日はチームコンバインドをやるということで、午前の最初に記録会をしました!!
結果は後程!!
ランナーカップルは鹿角スケーティングデートやってました!!
くっそつまんなそう!!
小柴君はスケーティングブーツを修理に出していたということで僕のブーツを使ったそうです!!
小柴君が僕のブーツを臭くしたので、僕は午後のローラーで小柴の足のにおいという悪玉ハンデをかかえることになりました!!!!

ラストジャンプの感想としては悪くないかな!
なんかいつもより楽しかった!!
ジャンプいいね!!

そして恒例のあれね!
20190114232646e22.jpeg

201901142326498a6.jpeg

20190114232647dd9.jpeg

20190114232648d3a.jpeg

そして昼ご飯!!
僕は糖質を気にしているのですが、最後はカレーでしめなきゃと思い、カレーにしました!!
やっぱアルパスのカレーはさいこうだね!!!

昼休みに小柴は僕のブーツをドライヤーを使って乾かしてました!!
ランナーのひとがよくやるやつです!!
その周辺を臭くするやつです!!害!!


そして午後になりました!!
チームコンバです!
チームは以下のようになりました!
チーム名は僕が面白いかなと思って付けたものです!
何個かチーム名だけじゃメンバーが分からないチームもあると思うのでメンバーも載せときます!


チーム「浅野と神藤」(浅野、神藤)
チーム「稲村と林」(稲村、林)
チーム「新海と小林」(新海、小林)
チーム「石原と竹井」(石原、竹井)
チーム「うんこ」(小柴、及川)
チーム「音楽家」(モーツァルト、バッハ)


形式はそれぞれのチーム一人一人は2周ずつ走るというもので、順番はどうでもいいというものです!!

結果は以下のようになりました!!
S__115466253.jpg


なんとか僕のチームが一位になりました!
うれしかったです!!!
帰りに林におごってあげました!!!!
結局1年生全員におごったけど!



さて、僕にとってはこれがラスト鹿角になりました。
振り返りたいと思います。
ここから本当にただの思い出話になるので、読みたくない人はまじめにここまでで。



鹿角には本当にお世話になりました。
何回行ったことでしょうか。

初めて行った時のことを今でも覚えています。
田山での初ジャンを終えて、勢いでミーティングで「行く人~」的な感じで割田さんに聞かれていきますといいました。
確かメンバーはれーと、ゆーと、かずき、よしけー当たりだった気がする。
田山にはミディアムまでしかなかったけど、鹿角はノーマルまであり、目に入った景色はまさに素晴らしいものでした。
自分はたしかランバンをまっすぐ滑れませんでした。
それでスモールのランバンでこけまくってた気がする。
まあ、スキーすらやったことないからって言ったらわかる気もするけど。

結局その日は二回飛んだだけで終わりました。
どっちもこけた。
スモールですらスタートに座ったらそこから1分くらいうごけなかったなあ。
横で割田さんと中嶋とくさっぴが励ましてくれてたのは覚えてる。
なんでこの時期スモールにいたかはたぶん当時の1年生を励ましたかったからだと思う。


そっから部門決定が終わって本当にコンバチームに入っちゃった!
この選択が僕の大学生活にとっていい方向に進んだかどうかはわからんけど、とりあえず初ジャン前のジャンプ練でジャンプを楽しいと思ったことは一回もない。
まじで。むしろ嫌い。怖いし。なんなのこの競技って感じ。

部門決定後初めての鹿角合宿で事件起きたなあ。
右腕の皮ごっそり持ってかれた。
その画像もっとったけど、かなりグロいので載せるのやめます(笑)
今も痕残ってます。

本当に鹿角行くの嫌いになったね。
見るのも嫌やった。
ローラーもこけるけんなおさら。

よしけーはめっちゃうまいけん、もう9月ごろにはミディアム行き始めてたなあ。
でも僕はスモールでも立つ練習をひたすら。
小学生と一緒に一人でやってたなあ。
これがマジでつらいの(笑)想像以上に(笑)
俺が一番へたくそで、小学生は基本うまいけん。一人びりびりのワンピで。

だから鹿角に行くのは本当に嫌いだった。
結局初めてミディアム飛んだのは、10月の最後だね。ランナーは工藤さん合宿してた。
泣いたの覚えてます(笑)
先に直樹さんが飛んで、のりさんが飛んで三番目だったのも覚えてます。
樹さんがコーチングボックスにいたのも覚えてます。
割田さんが「ここからここまで行くの怖くないでしょ?それをカンテまで繰り返すんだよ。つまり怖くない」
とか言ってくれたのも覚えてます。

結局スタートしたのは1分後くらいかな。
練習後に潤さんに励ましてもらった。
ありがとうございます。


そんなこんなで1年生鹿角終わり。冬は何回か鹿角行ったけど、ミディアムは飛ばなかった。
インカレは鹿角だったので、コーチングボックスにいた。
来年はぜったいうまくなろうとか思ったっけ。


二年生になって最初のサマジャンはブーツのつま先の不具合で飛ばずに帰った笑
この時期からカレー大盛り。実は二年生のころほとんどカレー大盛りだった。
二回くらいゴマわさび冷麺。
あれはそのくらいはまる。
二年生の頃はやる気満々やったんやけど、距離はそんなに伸びなかったな。
アプローチはそこそこ固まってきたんやけど結局鹿角ミディアム30メートル行かなかった。
そのたんびに中嶋がマジで煽ってくんの。
本当にストレスやった笑
ローラーはそこそこ速くなったんやけど、クロスカントリースキーの練習じゃなくて、ローラースキーの練習をしてた。
つまり腕押し。
冬はくそ遅かったなあ。
鹿角の思い出としては8月のお盆でのあんべでのうまい飯。あの時に食べたご飯が最高にうまかった。
冬も結局インカレは鹿角。
この時逃げ恥という3コマ目がはやった。
和室の部屋の壁に穴があって鼻いれてあそんどった(笑)
恋ダンスの練習もひそかに鹿角で開始。
なんだかんだでホームなので、楽しかった。
そして初めて鹿角インカレでコンバで入賞。
PCR採用になって、初めて自分の雨男という性質に感謝。
これは本当にうれしかった。


3年生になったらもう怖さとかよりも、踏まなきゃヤバイって気持ちの方が強かったね。
最初は右手の怪我のせいでコーチングしかしてなかったんやけど、こけなきゃいいじゃんって考えになって、結局サポーターつけたままやってた(笑)
そしたらどんどん距離も伸びだして、この時期が一番楽しかった。
空中で何度もイきました。
鹿角ミディアムで40メートルくらいまで飛べるようになって。
ローラーもそれなりに速くなって、10月の鹿角2.5×4=10キロTTで、1秒だけ初めて中嶋に勝てた(笑)
これも本当にうれしかった。
鹿角の思い出としては、竹重骨折事件かなあ。
ちーふになってやばいやばいってなって焦った笑
と思っとったら今度は自分が脳震盪。
BBQの前日の鹿角で初めて脳震盪になりました。
脳震盪だけじゃなくてはも一本折れたね(笑)
歯は治療したけど(後々朝日町の箸でとどめを刺す)、二週間運動禁止になりました。
中嶋のネタだと思っとったけど、まさか自分もなるとは。
本当にあの日の記憶がない。
でも起きとったらしい。
いろいろと変な質問されました(笑)


四年生になって自由やったなあ。
中嶋に対抗して、頑張ってフル運転しだした。
でも不眠症?になったね(笑)
鹿角では行く機会へったけど1回だけK点行きました!
転んだけど笑
あれは本当にうれしかった。
それっきりやったけど。
あと最後までいっしーはカレーのチーズ封印をしなかった。
直樹さんいたらたぶん切れてるよ(笑)
来年はやろうね!
あとはトトロかな。
幸楽にもみんなで何度も行ったよね。
イトクにもお世話になった笑
もう大体どこに何があるかも分かるわ。
音楽も分かるし。
あと野生の狐にも初めて会った。


そんなこんなで最後雑になったけど、やっぱり鹿角好きです。
普通に考えて毎週秋田旅行に行っとるようなもんよね笑
鹿角での楽しいことも、嫌だったことも、全部ひっくるめていい経験でした。
本当にお世話になりました。
アルパスの方々をはじめとして、合宿で利用させていただきました花海館、あんべ、馬淵、五宮の湯、龍門亭千葉旅館、本当に感謝しております。


ってことでこの記事おしまい!!


次回は、九大戦のスぺジャンのブログを書くよ!
いろいろあって眠いので!!
たぶん僕の最後の記事になるからみんな見てね!!
またね!!!

動画は総集編として次作るね!しのぶー遅れてごめんって
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:アルペン
ヒロシです....ポール練習をしていたら、あのんちゃんに「なんでそんなにゆっくり滑ってるの?」と、言われました......ヒロシです...ヒロシです...ヒロシです...

書いてる途中で恥ずかしくなってきた私はほたつです...ヒロシです...ヒュッテ合宿三日目です...
今日はスラロームの練習でした...蔵王は晴天でした...ここ三日間天気には恵まれています...
そしてポール練習は本当に難しくて疲れることを実感しています...練習中も後半は曲がりきれないことが多くなってきます...先輩達は疲れていてもかっこよく滑っています...すごすぎます...あんなふうに滑れるようになりたいです...あのんちゃんにも認めてもらわなければなりません...
とにかく疲れました...三日間でここまで疲れるとは思っていませんでした...睡眠が一日でもっとも幸せな時間に感じられたとです...今日も寝るのが楽しみです...たくさん寝ようと思います...

次スキーするのはテストの後になりそうです...辛いです...頑張ります...頑張りましょう...
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:アルペン
こんばんわ〜遅れましたが13日の土曜日の報告をします。最近疲れが溜まって抜けない1年の榮治です。おとといはSLのポール練習で、昨日はGSのポール練習をしました〜メンバーは昨日と同じ6人です。雪がほとんど降らなかったんですが、三連休の真ん中ということもあり人が多くて午後は特に滑りづらかったです、、

僕は初めの5回くらいはどんどんタイムが縮まっていきとても嬉しかったです!でもそれからはあんまりタイムは変わりませんでした。でもとにかくスキーは楽しいですね〜スキー始めて良かったです〜

ここで最近ヒュッテで流行りまくってるゲームを紹介します。
「identityV」というオンラインの鬼ごっこみたいなゲームが流行っております。なんと昨日は香穂さんも参加して、ゆうとさんとゆうきさんとかほさんとほたつと僕の5人で仲良く鬼ごっこしてました。フレンドになると協力プレイや対戦プレイができるので始めるという方は僕に連絡ください笑

おしまい
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:アルペン
日時:1月12日
場所:蔵王温泉スキー場
コース:ハーネンカムCコース
種目:SL
天候:晴れ時々曇り
気温:約-3℃
コースコンディション:ハード
選手:平山(4)務台(4)木村(3)えいじ(1)志関(1)濱地(1)保達(1)
コースセッター:am上部 務台  下部 木村
pm上部 木村  下部 木村
備考:三連休合宿初日、新ポール導入、上下セパレート、翌日はGS
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ジャンプ・コンバインド
12/31、1/3に行われた複合のブログです。
まずリザルトをドン
男子
20190109135214a8e.png

女子
20190109135224912.png

以下反省をドン
さば

前半
…さばです

後半
…さばです
島田
後半
初めてのレースでどう滑っていいか分からないまま2.5キロが終わってしまった。後ろ重心なこと、下りで上手く曲がれないこと、ポールのストロークがバラバラなこと、課題はいっぱいあるので1つずつ克服していきたい
石原
前半
力んでしまった。アプローチで上半身の力をぬきたい。
後半
体力不足と精神の弱さがでた。
しのぶ
前半
上体始動、タイミングの遅れが大きなミスです。途中からどうしたらいいか分からなくなってしまいました。悔しい。
後半
もっとためらいなく走り抜ければよかったです。もっと差をつけたかったです。
みさお
前半
スタートから流れが悪かった。夏にできるようになってきたことができなかった。スタートの初速とカンテでの踏み方の違いを意識する。

後半
スタートからグラウンドを出るまでの位置どりが悪かった。一つのミスが決定的になるので、細かなところを考えて練習する。
新海
飛躍
技術的な面で何が悪かったかは把握できていないところがある。
メンタル面で悪いことがあったから飛距離にむらがでたと思うのでインカレにむけて対策を考えていきたい。
距離
今の自分の中のベストが出せたと思う。1番タイムを縮められる部分は下りだと思うので練習でその部分を意識する
稲村
前半
体が思うように動かせず、転倒した際に悪いイメージができてしまった。

後半
まったくいたに乗れず、脛パンになってしまった。また、前で転倒者がいて、焦ってしまった。ギアも全然あげれず、情けない滑りになってしまった。
小林
フッ素を使い板が良く滑って全然板に乗れなかった。
下りは何度もこけてしまったので、スピードに乗った状態で脚を動かせるように、アイスバーンの日に練習したい。また、疲れてくると、脚の戻し方が悪くなったり、腕押しになりがちなので、日ごろから形を大事にしたい
さばは随分大きく出るようになりましたね〜笑

そんなこんなで
優勝したよ\('ω`)」
せいかさんの言ってた通りマウントとってきたよ(程々に)
ということでKing of Skiの端くれにはなれたのではないでしょうか。正直メダルを貰うのは人生で初めてだったので嬉しかったです。

でも運が良かったのも事実です。ジャンプはスモール開催だったことや、雪不足で思うように練習を詰めなかった事などが重なり、自分に有利な状況となりました。今回は技術より度胸が試されるジャンプでしたが、ミディアム開催でも勝ちきれる技術をインカレ、また来年の九大戦までに付けて行きたいです。またクロカンについては他大の2年生も技術面や体力面で自分よりも高い能力を持っている選手がいるので、雪上での滑り込みももちろんですが、アップヒル系やミディアム走等をこまめに取り入れ、登りきりで休まないだけの体力、レース後半でも動き続けられる体力を付けていきたいです。

最後に応援してくれた他部門の方や、わざわざ応援に駆けつけてくれたOBさん、応援団の方、両親にも感謝を述べたいと思います。
ありがとうございました!

以上胴上げの時はゆっくり脱がして欲しいと思った浅野でした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
あけましておめでとうございます。
今年の九大戦も無事に総合優勝で終わることができました。総合結果については主将のほうから報告があると思いますので今しばらくお待ちください。年末年始の忙しい中、わざわざ野沢まで応援に来てくださった先輩方、差し入れを送ってくださった方々、たくさんのサポートと応援ありがとうございました。
あ、及川です~

今年の九大戦は雪不足の影響で日程が変更になり、元旦リレーとなりました。
フリーの日とはうってかわって晴天!ピステもばっちし!
以下結果と個人の反省です。 正シードは全員4年生で最後の九大だったこともあり、反省が長くなっておりますが送られてきたそのままで発信したいと思います。ご了承ください。
男子正シード

リレー男子オープン

女子リレー

〈男子正シード〉
1走 森田陽
レーン外での登りに関して斜度に応じて開脚よりもダイアゴナルに近い形をとることができればよりタイムを削ることができた。スピード練不足。気持ちの焦りから余計な力み、走法の乱れが大きくでた。
2走 原一貴
スタートのダブルポールは良かった。膝を使い上手く体を動かせたので疲れることなくピッチで加速できた。
レース序盤で前を走っていた青木に追いつきそうになったところで、焦って漕いでしまい転んでしまった。これにより、前との差が開いてしまい、さらに後ろには詰め寄られ心理的に追い込まれてしまうことで体が前傾してしまいグリップを効かせられなくなってしまった。レース展開的には予測していたことなのでもっと冷静に対応したかった。
前日のクラシカル10km終了後から腰が痛く足を前に出しにくくなっていた。これは、ベース不足でレースに突っ込んだため無理な体の使い方をしていたからだと思う。ベースで体の動かし方を再確認し修正していきたい。
3走 小柴黎斗
体のキレ、アジリティのピークをレースに持ってこれていなかった。15キロフリーの前はコントレにアジリティ系の確認のトレーニングをしっかりやっており、つなぎなどで瞬発的な動きをできたが、クラシカルとリレーの前は、疲労回復に重きを置いてしまい、アジリティの確認を怠ってしまったのが原因だと思う。その体の状態を、レース前に自覚していたので、登りで追い込むのはバテてしまうので危ないと思い、なんとかメリハリをつけられなくてもつなぎで追い込もうとしたが、結果的に漫然としたレースをしてしまった。繋いでくれたメンバーに申し訳ないです。すいません。
まあ、切り替えて次を見ると、ピーキングは人それぞれ違い、自分も正直今までこれかな?という感じでなんとなくやっていたので、今回失敗として自覚でき、やるべき事が分かったのは大きな収穫でした。
4走 石井顕徳
全体的に身体の可動域が小さかったように感じます。滑り込みの期間が短いこと、心理的に前に追い付くことに気持ちが逸ったことがつなぎやポールワークの雑さに出ていました。特に肩まわりが力んでいたこと、脚を使う意識がだけが先行して腰がひけていたことが、滑りの小ささの1番の原因だと思います。膝のクッション、足首の柔らかさがいつでもだせるようにこれからの滑り込みの期間で身に付けていきたいです。
また、オフトレで勝つことが当たり前になっていて気づかないうちに天狗になっていたのだと思います。まだまだエースをまかされるには技術は拙いし、体力もしょぼいのでこれからの練習は謙虚にそして貪欲に吸収できるものはすべて吸収してやるくらいの気持ちでのぞもうと思います。

〈東北A〉 東北大学の準シード枠
1走 串田拓也
正シードの陽さんについていくことだけを考えて滑った。最後の下り終わりから登り坂でスパートをかける予定でいたが、最後までスパートをかけられず身体が動かなかった。レース展開的には一つ前の登り坂でのダイアゴナルで攻めておけば、前の選手にいい位置がとれて最後のスパートで追い抜けたかもしれない。クラシカルの5kmのレースは1年生の時以来だったので、ペースが掴めず最初から抑え気味になってしまったが、5kmならスプリントと同じように最初からハイペースで飛ばしていけたと思う。正シードで走れるように反省を生かして練習していきたい。
2走 手塚尚吾
3走 浅野颯太
九州大の正シードを喰うつもりでレースに臨んだ。九大の3走は複合距離で最後にまくられた相手だったので自分でまくり返して繋ごうと思ってスタートした。序盤はミスなく、ボーゲンもかけずに飛ばせたので4キロ付近で後ろにつけた所まではレースプラン通りだった。最後の登り終わりで躓いてしまいその間に大きく離され、最後は焦って無駄なロスをしてしまい悔しいレースになった。でも今後も戦っていくライバルの滑りを感じて、自分の弱み、課題や逆に強みや差を詰められる所、タイム差が大きくついてしまうミスのタイミングなど多くを学べたと思えば収穫のあるレースだったと思う。
4走 高野祥徳
クイックでもスーパーでも、上半身をうまく使えていなかった。久しぶりのスケーティングで課題が見つかったのはよかった。

〈東北C〉
1走 細井拓真
疲労がたまり筋肉があまり使えない体の状態だったので、体全体を使って効率的に滑ろうと臨んだが、DPで腕押しになり、腰が落ちてしまったり、開脚で足を上げるのに力を使って前への推進力が得られなかったりなど、普段の悪い部分が表れてしまった。練習で出来ていたはずのダイアゴナルの動きも気持ちの焦りからできなくなり、思うようなレースは出来なかったが、課題や足りない部分を痛感できたので、一つ一つ丁寧に修正して、滑りの基礎を固めたい。
2走 岡田拓歩
今までのレースと違い、自分だけでなくチーム全体の記録となるということでいつもより緊張して最初の方でガチガチになってしまった。技術に関してはクラシカルの時の反省とおなじ。技術の他にもレース展開やレースへの慣れなどの課題もあるのでこれから練習でも意識していきたい。
3走 三竿洋太朗
一人で走っていた時に、つなぎが雑になってしまった。コースを覚えきれておらず、無駄があった。最後まで動けたことはよかった。
4走 石原拓実
下りでつなげなかった。上りは板を滑らせられたと思う。

〈東北D〉
1走 古畑和樹
10km clの反省から、周りに流されず、自分の判断で滑り方を変えていくこと、下りは守りすぎないことの2点を意識して滑りました。1つ目の方はそこそこ上手くできましたが、2つ目の方に関しては下りで1度転んでしまいました。また、疲れてきた時にこそダイアゴナルなどでしっかり滑らせて進んでいく意識を持つことは基本的なことですが、今回うまく形になってきたと思います。最後まで身体も動かすことができた次に繋がる良いレースだったと思います。
2走 松尾優太郎
3走 新海孝洋
登りで体力を温存し、つなぎや平地で出し切るという作戦で臨んだ。しかし、実際は少しだけ余力を残したままゴールを迎えてしまったので、途中のつなぎでもう少し追い込めたと思う。
ペースは前よりコントロールできるようになった事は成長です。
4走 小林幹太

〈東北B〉
1走 白木悠大
5kmということで追い込めるだけ追い込んでみようと思い、はじめ飛ばせたのは良かった。ただ、後半にバテバテになってしまった。これは、ダイアゴナルをピッチと腕で誤魔化している分、つらくなって結局レースでは疲れやすい開脚を多くしてしまうのが一つの原因。学チャンの時から気づいていたが、今後の課題が更にハッキリした。
2走 橘紀昌
良かった点は初めて実戦でダイアゴナルを使うことができたこと。ただし、つなぎが上手くいかなかったり、利用できる場所が限定的になっていたので、実戦で使うことを常に意識して、そういった点を改善していきたい。また、開脚になると、動作が一気に遅くなるので、心拍が上がっても、動作を止めないことを意識して、駆けあがれるようにしたい。
3走 正橋遼
途中でバテて登りでの体重移動が雑になったり、上半身が沈んだりしてしまった。下りから上りへの繋ぎがスムーズにいかなかった、体を大きく使えず滑りが悪かったなどロスが多かったので、意識して滑るようにする。
4走 稲村麟
最後のクロカンレースだったので自分なりには頑張りました。ただ、今年の練習不足もあり昨日のコンパ後半同様まったく板に乗れず脛パンになりながら走っていた。まあそうではあっても頑張りました。ラストレース楽しかったです。

〈女子正シード〉
1走 及川絵梨
のちほど
2走 島田なりさ
初めてのリレーで最初から緊張してしまい、ガチガチになってしまった。クイックは最初の方は板を滑らせられたが、後半はバテてバタバタ登ってしまった。また、下りでスピードをつけなければならないのに、コケるのを怖がり速さを大分殺してしまった。完全な練習不足を感じたので、インカレまでに何をすべきか逆算して少しでも効率よく練習できるようにしたい。
3走 竹井しのぶ
初めてのリレーで最初から緊張してしまい、ガチガチになってしまった。クイックは最初の方は板を滑らせられたが、後半はバテてバタバタ登ってしまった。また、下りでスピードをつけなければならないのに、コケるのを怖がり速さを大分殺してしまった。完全な練習不足を感じたので、インカレまでに何をすべきか逆算して少しでも効率よく練習できるようにしたい。

男子正シードは経験者3人をそろえる大阪大学に優勝を譲る結果となってしまいましたが、3位以降に大差をつけての2位。
女子正シードは初リレー参加のなりちゃんと初アンカーの竹井の力走により1位を奪還してきました!!!!いえい。

以下、及川の独り言が続きますので興味のない方はここまで。
女子リレーで東北のライバルは九州大学と名古屋大学でした。特に九州大学はフリーで4位と6位、クラシカルで3位と4位をとった4年生ふたりがいてまわりは完全に今年は九州モード。最大のライバルでした。

1走及川。グリップはばっちりきまり、ぎりぎりまでカッターに入ってダイアゴナルができました。3キロだったので魔境の登りキリまででだしれるように登りの最初から飛ばしていったつもりです。今のじぶんのできることはできたレースだったと思います。
ただ、レース後に他大の選手の話を聞くと速い選手は自分よりも一つか二つ弱いグリップでもしっかり聞かせられているのでインカレまでにはもうすこし弱いグリップでも効かせられるようにダイアゴナルをみなおしていかなければ、と感じています。また、スタートのダブルポールで少離されてしまった部分があるので身体全体を使った進むダブルポールの感覚をつかんでいきたいです。
2走なりちゃん。「初めてパウダーまで仕上げた板で滑った感想は?」「よくわかんなかったです!」「そうか!よし!」
3走ぶんちゃん。ぶんぶんが先頭で帰ってきたときはほんとにびっくりした!アンカーらしい堂々とした滑りだったと思います。

個人戦がどちらも銀メダルだった私に最後に金メダルをくれた後輩二人には感謝しかないですね。本当にありがとう。
インカレは5キロ!東北女子は同じメンバーで臨みます。後輩二人が安心してスタートできるかは1走の自分次第。頑張ります。

次はいよいよインカレです。応援よろしくお願いします!!

及川絵梨

おまけ
男子
男子正シード

女子
女子正シード

れいと
れいと

どんちゃん
どんちゃん

りんちゃん
りんちゃん
りんちゃんラストクロカンおつかれ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:アルペン
こんにちは。藤野です。1/2に行われたSLについてのリザルトと反省です。
2019010312233642c.jpeg


20190103122312f3a.jpeg


以下反省
ほたつ
一本目は前回完走できなかったこともあり、かなりビビった滑りになってしまった。2本目は1本目よりビビらずに滑れたため、それがタイムにも反映されていた点はよかった。とはいえまだまだ遅く、練習を重ねてもっと早く滑れるようになりたいと思う。

えいじ
GSと違ってポールを通ったらすぐ次のポールが来るので、とても難しかったです。なんとか2本とも完走することができました。ヘアピンやストレートなどの細かいターンが苦手だとわかりました。
来年は先輩との差を縮められるように練習をたくさんし、苦手を克服します。

濱地
自分ではある程度滑れたつもりなのですが、結果的にはえいじに負け、オープンで最下位という散々なものになりました。自分の改善点を探りながらこれから上手くなっていきたいです。

しせき
緩斜面のレースでエッジングが強くなりスピードをつなぎきれませんでした、ポジションなども遅れてしまっていたので改善していきます。

大沼
今年も2冠できたことが嬉しいです。私は1本目に比べ2本目が苦手なのでそこをもっと克服したいです。

池田
とりあえず無事完走できてよかった。昨シーズンに比べてうまく滑れるようになっていると思うのでこの調子で練習頑張りたい。課題は外足に意識を持つこと。

木村
苦手だったリズム変化は上手く入れたと思うのでよかったです。
斜面変化で減速してしまうのでスピードをつなげるようにしたいです。
緩斜の練習しようと思いました。

務台
かなり悔しい結果でした。優勝目前で逃したことよりも、最後まで滑れなかったことが悔しいです。コース楽しかったのに。インカレでリベンジ

平山
2本目で3人くらいにまくられたらしいのでとても悔しいです。一本目はエッヂングが強かったかなと思ったので二本目は弱めに行けたと思ったけどタイムは遅かったです。インカレと全国公がんばります。

僕の感想としては、バーンがすごい緩斜だったので、楽でした。後ろに乗り気味だったこと以外はひどいミスは無く、楽しい棒倒しゲームでした。ただ、ミスが少ないのに上位とのタイム差が大きいと言う事は、ポール練習以外にも滑りそのものが変わる必要があると感じさせられるレースだったと思います。

男子、女子ともにアルペンの競技は終了しました。あとは、他部門の結果と合わせて、東北大学の総合優勝を期待したいと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:アルペン
こんばんは、平山です。
去年?の12月30日に九大戦のジャイアントスラローム大会が行われました。今年はパラダイスゲレンデです。緩斜面です。更新遅れて申し訳ありませんでした。

以下、リザルトと感想です。

女子シード
201901022056171cc.jpg


男子シード
20190102205619996.jpg


男子オープン
201901022056585e7.jpg


保達
スルーゲートでミスしてしまい、ゴールできなかった。とても悔しい。今後のレースでは同じミスを繰り返さないようにし、今回の失敗を意味のあるものにしたい。また、これまでフリーしかしておらずポールに慣れていないため、これからしっかりポールに慣れていきたい。

濱地
ポール初めてだったのでコースを間違えないように慎重に滑りました。完走できた点はよかったです。ただタイムがあまりにも遅いので、これからポール練習を沢山して上手くなっていきたいです!

榮治
九大戦で初めてポールに入りました。フリーとは違ってターンするタイミングが決められているので、ポールのところでターンするのと完走するので精一杯でした。
これからはいっぱいポールの練習をして経験を積みたいです。

志関
初ポール初試合で板にも乗りきれず天候にも対応できませんでした、国体予選など今後の大会に向けて練習がんばります。

池田
ほぼほぼクローチングで滑ったが、外足の意識があまりできていなかった。腰を外足に乗せるイメージを持って練習していきたい。

藤野
クローチングを組んだ時に板に乗ってるだけなのは早急に直すべきだと思った。

大沼
自分の思うように滑れなくて悔しかったです。優勝してポイントを取ったことと、かほさんとワンツーだったことが嬉しかったです。

木村
もふもふだし風が強くて難しかったです。どういう条件でも速く滑れるようにしたいです。
クローチングの練習します。

務台
反省点は特になかったのですが、なぜか遅かったです。
でも楽しかったです。悪天候のレースを楽しめたのは収穫かと思います。はい

平山
どうすれば緩斜面でもっと速く滑れるかわからないです。クローチングをもっと低く組みます。ワックスをします。もっと後ろに乗ります。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
お疲れ様です、ランナー1年の岡田です。
12月31日に行われた男子10km、女子5kmのクラシカルについてです。
まずはリザルトです。
201901021930138e3.jpg
20190102193014378.jpg
続いて反省です。

良かった点は、ダブルポールで以前よりも体全体を使えたこと。悪かった点としては、ダイアゴナルを使えなかったこと。今のところ、実際にレースで使うことができていないので、ちゃんと実際のレースで使うことを意識していきたい。また、開脚になると、動作がゆっくりになってしまったので、もっと速く動くように意識したい。
岡田
やはりレースだと思うと何となく焦ってしまうが、その分ピッチを上げて動くことが出来、自分を追い込めたのは良かったと思う。悪かった点としては下りの特にカーブに自信がなく、ほとんどカッターからでてボーゲンで行ってしまったことだと思う。これ以降の練習でしっかりと下りの練習をしようと思う。また、相変わらずダイアゴナルが出来ず、上りはほとんど開脚をしていたのでこれも練習していこうと思う。
白木
今回もこれまでののレースと同様に、はじめは落ち着いて、上りきりの後を特に意識して滑ろうと考えていたが、グリップが強すぎてしまい、下駄を履いてしまったため、つなぎはボロボロだった。ただ、前回の音威子府TTの反省を活かして、下駄った時にも冷静になれて、最後まで折れずに頑張れたのは良かったと思う。もう少し細かくどこをどう滑るか考えていくべきだと思いました。
手塚
追い込むことはできました。タイムを離された原因は、以下の3つかと現段階では考えます。
・つなぎ部分での減速
・距離の終盤の粘り
・ダイアゴナルの技術
これさえできれば、というもので、当たり前ではありますが。正直、悔しいし負けたくない気持ちが募る、一方で、踏ん張れない気持ちの部分で自分の弱さが1番でかいのかなと思います。最近ふわふわとした気持ちばかりで地に足が着いてない気がします。色々なものを試したい、試した、ばかりで、感覚論だけに成長を感じにくく調子やコンディション次第で、計算もし辛くどうしたものかと。
高野
できることはやったと感じられるレースだったが、周りの速い人とのダイアゴナルと下りでの技術の差を痛感した。ランニングや開脚の限界を感じた。さらに良い順位を取れるよう、練習していく。
細井
グリップが甘い状況での開脚で無駄な体力を使い過ぎてしまい、DPで体と連動させることができなかった。また、ついていくべき人が前に見えていたのに粘りきれなかったのが悔しい。下りの技術も含めていかにロスが少なく効率的に滑れるかを探求していきたい。
松尾優太朗
ポール折れた。グリップ強すぎ下駄になった。心が折れた。前回の反省で集中を切らさないとなったがさすがに無理であった。次につなげる。
古畑和樹
グリップが甘く開脚で坂を登ることが多いレースでした。他の選手に流されて、ダイアゴナルできるところで開脚してしまったりなど、どのように滑っていくかをあまり考えて滑ることができなかった。ダイアゴナルもうまく伸ばしていくことができなかった。また、下りも守りすぎてしまったところが反省点です。自分の技術で板操作できる限界を攻めていきたい。明日のリレーでは今日の反省をしっかり改善して滑れるよう頑張りたい。
串田拓也
序盤からハイペースで入ってしまった分、後半でバテてしまったが、最後まで身体を動かし続けることが出来たことは良かった。
ダイアゴナルで登れない坂は無理してダイアゴナルで登ろうとせずに開脚とランニングで登るように切り替え、コース奥の日陰のだだ登りのダイアゴナルができる坂ではピッチをあげて攻めることが出来たことが、レース展開でのメリハリが出来てタイムに反映されたと思う。
後半でバテてきてからはDPやダイアゴナルで身体が前にいかず、スキーを滑らせられなくなってしまったので、疲れてきてからも体幹を支えてポールを押すことが出来るように練習から意識していきたい。
小柴れいと
出せるものは出してこの結果でした。正直悲しいです。走力技術ともに無く、とにかく練習します。特に登りでばてると腰が落ち下を向いてしまい、何もできなくなってしまうので、1月は主にフォームを意識したアップヒル練習を重点的に追い込みます。
森田
登りきりのつなぎでがんばれなかった。意識はしていたが体力、精神力が足りず登りきりから下り始めまでをダイアゴナルできなかった。
及川絵梨
グリップはVR60が1番上にくるように全体で5層
少し甘いと感じることもあったがポールジャンプでがしがし進んでいける程度では止まった。ビデオで確認した感じ出し足が体の後ろに落ちてる感じで進みきれてないし体の下でグリップを効かせることもできていない。技術面における改善点が多いレースだった。
石井顕徳
今年初めてのクラシカルのレースという事で今もてる自分の力をすべてぶつけるつもりで挑んだ。ダイアゴナルは全く基礎がしっかりしていないので、開脚とランニング、ダブルポールで攻めた。ダブルポールはポールがうまく刺さらないので早々にランニングにシフトした。のぼりでランニングの調子は悪くなかったがのぼりきったときに一気に疲労がきてつなぎで身体が動かなくなってしまった。体力と筋力はあるはずなのでここからはクラシカルの技術をちゃくじつに身につけていって自分の持ち味を活かせる滑りをしていきたい

普段なら甘いグリップでもダイアゴナルで登れるようなところを開脚で登ってしまいロスが多かった。疲れていくほど足を前に出すのが難しくなっていき、グリップが効かなくなって開脚に移ってしまったが、落ち着いて一歩一歩ダイアゴナルで登った方が効率が良かったと思う。
開脚からのダブルポールや一歩滑走への繋ぎはよく体が動きなかなか満足のいく繋ぎができた。

今回のレースで自分と先輩方との差や、これからの課題がよく分かったのでこれからの練習の参考にして行きたいです。今はまだ遅いですが、自分が上級生となった時に先輩方のような滑りができるようにこれ以降も練習頑張ります!!
| BLOG TOP |

 | BLOG TOP | 


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.