カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
627位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

| BLOG TOP |

                  
DATE: CATEGORY:練習
ランナー3年の細井です。絆以降書いてないことがバレてしまいました。意外と文章を作るのは好きなので、ブログ書くのを引き伸ばしたりはしません。


Abstract
本日の3000.TTをもってランナー部門のオフシーズンの全体としてのトレーニングは終了しました。残り数週間は各自調整をしていよいよシーズンインです。

Introduction
今回の3000TTの個人的なプランとしては、ここ数日のハードトレーニングによる筋肉痛や前日の泉ヶ岳での疲労、低い気温等を考慮して、身体が元気だった前回の3000TTのタイムを超えることは厳しいと判断し、タイムはあまり意識せず、レースのつもりで臨みました。
 具体的には、最初は上げすぎずに入る、1km過ぎでペースを落とさない、2km過ぎでギアを変えてスパートをかけるの三つを意識し、比較的タイムの近い白木(S.yudai)に勝つことを目標としました。

Result
S.yudai (3) : 10'55"
H.Takuma (3) : 10'59"
A.Sota (3) : 11'09"
T.Syogo (3) :
N.Kazuma (1) : 11'39"
S.Narisa (3) : 12'20"

Conclusion
見ての通り、完敗でした。言い訳としては、最初の500mで周りのペースが速すぎて焦ってしまったことと、2kmの折り返しで白木に先に仕掛けられてしまい、ついていくのに精一杯だったことです。
 個人的に今年の3000TTの目標は10'30"で、結果的にベストが10'49"だったので、悔しい気持ちはあります。もし来年機会があれば10'30"を目指したいです。
 全体としてのことを言うと、二年生が体調不良と芋煮のけがで何日か練習できてないので、できる限り万全の状態で冬に臨んでほしいです。一年生はこの調子でどんどんうまくなっていくと思うので、ぜひスキーを楽しむことを忘れないでほしいです。(上から言ってみました)三年の同期に関しては、みんなすごいので言うことはないですが、自分としては冬での下克上を目指します。


Aoppendices
以下では、練習や練習時間の配分について二年間の経験則から考えたことを書きます(すごい当たり前のことを難しめに書いてみました。とばしてくれて大丈夫です)

 Y : クロスカントリースキーのパフォーマンス、 S : 持久力、 M : 筋力、 T : 技術(滑りだけでなく、ワックス選び、アジリティも含む)、 ε : 他の要素(メンタル、道具) と定義したときに、 Y = F(S,M,T) + ε …① となると想定します。
ここで、Tは経験によって決まると考えると、 E : 経験量としたときに、T = G(E) …② と表せ、TはEの増加関数であると考えられる。
②より①は、 Y = F(S, M, G(E)) + εとなる。つまり、持久力、筋力、技術によりパフォーマンスは決まると考え、
∂Y/∂S > 0 、 ∂Y/∂M > 0 、∂Y/∂T > 0 、 ∂²Y/∂S² < 0 、∂²Y/∂M² < 0 、∂²Y/∂T² < 0 とする。
すなわち、S,M,Tが増えればYは増加するが、その増加率は徐々に減少していく。経済学でいう、限界生産性逓減である。
そこで私は、単純に考えて、F(X) = S^1/3・M^1/3・T^1/3 と想定した。
つまり、Y = S^1/3・M^1/3・T^1/3 + ε…③ である。
よって③より、εを無視して考えると、⊿Y/Y = 1/3・⊿S/S + 1/3・⊿M/M + 1/3・⊿T/T である。
したがって、自分は今回のオフトレでは、練習量を持久力系 : 筋力系 : 技術系=1:1:1 になるようにして臨み、経験によって決まる技術の要素をより押し上げるため、経験=練習量(持久系、筋力系は除く)×練習効率と考え、練習量、練習効率が上がれば技術が上がり、技術が上がればパフォーマンスも上がると考えた。
最終的に、練習の絶対量を学業等に支障が出ない程度に増やし、練習効率を上げるために練習においての意識、反省を行うようにし、練習時間はラン系=筋トレ=ローラー、球技 で配分できるように臨んだ。(ポールジャンプはすべての要素に当たると考えた)
*ただし、筋トレは長時間できないため、60分LSD = 30分筋トレとした。
 ここではεを無視しているが、高野のように初期段階から持久力のある人や颯太のように技術がある人は違った配分になると思うので、各自の現状に応じて考えてもらえるといいと思う。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:練習
こんにちはランナー3年の白木です!

昨日松島マラソンに参加してきました!
天気予報は雨だったり、曇りだったりで不安でしたが、当日はギリギリで曇り、その後晴れという何とも恵まれた天気となりました。日頃の行いかな…?

取り敢えず結果!
10km
田村 50分53秒
飯塚 53分8秒
鈴木 55分34秒
浅野 59分55秒

ハーフ
りんさん 3秒
高橋 1時間26分11秒
高野 1時間34分4秒
白木 1時間34分39秒
岡田 1時間35分51秒
細井 100分00秒
石黒 1時間41分23秒
大坪 1時間41分53秒
橘 グロスタイム 1:43:17
ネットタイム 1:42:54
堀 1時間44分12秒
島田 1時間48分08秒
中田 1時間50分56秒

例年のような気がしますが、ハーフにでる人の方が多くて、1年生も半分以上がハーフを走りました。
しかも、1年生も2年生もなんか速い…!

諒ちゃん流石ね…。岡田も速かったなぁ。
なりちゃんも早くね…?

細井と僕は最後の方足が攣って、急速にペース落としました。
ゴールの所でドンさんがニヤニヤしながら、
「しらき!ガンバ!(爆笑)」
みたいな感じで煽られるわ、アナウンサーの方にも
「足を痛めながらも、懸命に帰ってきたランナーです!」
みたいな実況されるわ、その後担架で運ばれそうになるわ(細井は運ばれました笑)、周りの人から大丈夫?みたいに心配して頂くわで、めちゃくちゃ恥ずかしかったです。

水分補給がなっていなかったんですかね。一旦ペースを落としてしっかり飲んだ方が良かったな、と反省しています。

高野は途中でトイレ行ってました。

まぁ、昨日1番距離を走ったのはしのぶさんでした。(しのぶさんは松島(まで)マラソンを敢行していました。)

これからシーズンはすぐですが、シーズンに入った時に後悔しないように出来ることはやっていきたいと思います。

では!

P.S.そう言えば、太鼓の達人のあの赤い太鼓のキャラクターの名前は、どんちゃんというらしいですね。

今日は写真多め!
↓↓↓
20191007181755160.jpg

↑前日蔵王も行って次の日松島マラソンに出る、やっぱりスキー部大好きなりんさんと会いました。

2019100718172399a.jpg

↑どう見ても「かき氷」のフォントにしか見えない、かき汁のテント。かき汁はとっても美味しかったです。

20191007181554147.jpg

↑写真撮ってたらプロの方が来てくれてついでに撮ってくれました。何人か笑顔が引きつってるよ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:練習
こんにちは。
主将の白木です!

夏合宿最終日、蔵王の萩雪ヒュッテでは部門練習、部門決定が行われました。

午前中は、
ノルディックは
(坂ダッシュ+腕立て)×10+ポールジャンプ(max)×3
でした。

アルペンは
階段ダッシュTT(super long)×5
だったそうです。

きつい!キツすぎる!
テストが終わってこの日から参加の人なんて吐きそうになってました。蔵王は標高高いからなのか、中々心拍も下がらず、大変疲弊しました。
いい練習が出来たと思います。1年生は良くやった!

午後は
ノルはローラー、アルペンはフットサルとかアルティメット等していました。

ノルではリレーしました!チーム毎に分かれて1時間それぞれで練習してリレーに臨みました。
白熱した戦いになりました。
ただ、諒ちゃんをどうしても1年生と認識出来ないのは何とかしたい…!何回も忘れてごめんね。だって4月から練習一緒にしてきたし。1.5年生って誰か言ってたけどめっちゃ分かります。
中田はめちゃくちゃ吸収早くてただただ凄いなぁと思ってます。

そして、夕食のあとは待ちに待った部門決定!
皆さんもとても気になっていることでしょう。今年も波乱のあった部門決定でした!
早速どうぞ!

アルペン
飯塚比翼
鈴木昴

コンバインド
石黒拓海
大坪奏祐
田村祐人

ランナー
新井拓紀
高橋諒
中田和真
堀倫彰

このような分かれ方になりました!
どの部門に入った一年生も入ったからには全力で頑張って、全力楽しんでね。
上級生はこの部門に入って良かったと思ってもらえるようにしていきましょう!

今回の夏合宿は本当に様々な事情が重なり、短い日程となりまいました。登山したかったけどテスト入ってた人とかいると思いますが、今後の部門ごとの練習に精を出して下さい!

1年生の部門も決定し、スキー部は冬に向けて練習を加速させていきます!
冬までに必要な費用を稼ぐためにアルバイトもして、夏の練習もして、かなり忙しい夏休みになると思います。

先生方、OB、OGの方々はじめスキー部の関係者の皆様の変わらぬ暖かい御支援、よろしくお願い致します。

それでは失礼します!

以下は最終日の部門練の様子です。


201908111546443b1.jpg

↑ノル練後の1年生二人

20190811154338e9d.jpg

↑アルペン練後の1年生二人


20190811154636016.jpg


201908111544261eb.jpg
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:練習
暑いですね、
エアコン求めて大学に行く日が増えました、でも
取得単位はあまり増えませんでした、、、

ランナー3年の高野です。
二日目の登山についてです
お釜目指して出発しました。
天気が悪くなるかもということで急ぎ目でした。かんじがぶっ飛ばしてました。
201908111144428c3.jpg


途中、新歓合宿で発見されたトナカイに再び会うことができました!
20190811114502f1b.jpg


登山開始から2時間半でお釜到着。3年目にして初めて見れました。天気も、晴れ、暑すぎない、風あまり強くない、で最高でした。
201908111145246d1.jpg


登山中、自分にしてはお喋りだったと思います。体力がついたのかもしれません。おわり

201908111145133cb.jpg


進化を続ける先生ポーズ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:練習
1年の鈴木です。
今年もいよいよ夏合宿が始まりました。
初日はテスト期間のため参加者も少ない中、午前はサーキット
午後は120分のLSDを行いました。
とりあえず疲れました。LSDの後源泉の真上に立っているすのこの湯というところに行って来ましたが身体の芯から温まってとてもおススメです。
今日は気持ちよく眠れそうです。
という事ですおやすみなさい。
今日も一日元気ハツラツだしんね〜
20190807190214136.jpeg
20190807203302c02.jpeg
| BLOG TOP |

 | BLOG TOP |  更に古い記事5件読む»»


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.