カウンター


最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


Google フリー検索

WWW検索 ブログ内検索


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
627位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

| BLOG TOP |

                  
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
1/11 , 12に山形県の肘折に行きました。細井です。
肘折は気温は暖かく、クロカン日和でした!

今回は、メンバーを出身別に紹介してみます!
()内は学年
1/11
横浜(3)、品川(3)、東小金井(3)、群馬(3)、埼玉(3)、岡山(2)、宮城(1)、台湾(1)
1/12
東京(監督)、東京(4)、石川(4)、横浜(3)、品川(3)、東小金井(3)、群馬(3)、埼玉(3)、岡山(2)、宮城(1)、台湾(1)
こうしてみると、関東出身多い!
※群馬は南東北ではありません
※出身地が違う人いたらすみません

皆さんお気付きですよね。そう、台湾出身の留学生Nicoleちゃんが2日間来てくれました!
初心者ながらしっかり滑っていて、コースも回ってました!素晴らしい!
また、合間のコミュニケーションでみんな英会話力が数%上がった気がします。

それでは本題。
自分は1日目Free、2日目Classical をしました。

北海道から迷走中のFreeは、板と膝の向きを意識したNP、DPの腹筋を使う感覚の延長を意識したSuper、足先ではなく腰から前に進む意識のクイックを心がけて滑りました。
NPやSuperは多少足先の力が抜けてきてはいますが、インエッジのまま板にのっていることが多いので、体勢が崩れたり、板が暴れたりします。板の真上にのることを何も考えずにできることが目標です。
クイックは、上半身と下半身のタイミングが合わず、板と体の向きがあっていなくて滑っててやはり疲れます。逆クイックをやってみたりなど、模索中です。

Classicalは、何だかんだ今シーズン初のクリスタでした。時間取られる...
ダイアゴナルとDPは、まだまだ腕押しですが、一歩で進む感覚、腹筋を使う感覚は以前よりあり、進歩の兆しはあります!

レース後半で筋持久的に持たなくなるのが最大の課題なので、負荷の少ない滑りを模索中です。ローラーでは感じていた、インパクト以外は力を抜くイメージで滑っていますが、特に下りで膝下がガチガチに力入ります。
下りでジャンプしたりして、なめらかに滑りたいです!

このように、「こんなに迷走しちゃっていいの?」って感じですが、できることをやってもがきます。


ps :
1日目に今年度初めて寝坊しました.....
起こしてくれた白木と迎えに来てくれたみんなと、前日にほぼ準備を終えていた自分に感謝です!

橘は財布を無くしかけたそうです。
自分も先日、学生証紛失で再発行したので、あんまり人のこと言えない....


最後に、これからテスト期間に入ります。
楽しむこと、スマホを寝る前に見ないことを心がけて、
「自分は天才だ」という暗示をかけて頑張ります!w





20200115070917b08.jpeg


濃霧!

20200115071003602.jpeg


レイトさん、エリさんからの差し入れ!
ありがとうこざいます!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
1月4日にリレーが終わりました…

とても良い初夢を見た高野です…

それではリザルトと反省をどうぞ……


20200106173921ff6.jpg


20200106174403902.jpg


20200106174058120.jpg



20200106174025d2b.jpg


女子2位!!

男子優勝!!!

女子シード
島田 一走
上りがダイアゴナルでも開脚でも前に足や手を出せなかった。筋力が足りていない。クロカンの動画をたくさん見て、たくさん練習してインカレでリベンジします。応援ありがとうございました。


三嶋 2走
自分の技術力、体力の不足を痛感した。スピードを出そうとしたときにぐちゃぐちゃになってしまうのでスピードを出す練習ももっとしていこうと思う。

竹井 3走
バテました。叩き直してきます。

男子シード
高橋 一走
スタートで焦って腕と脚の動きが少しバラついた。グリップが抜けても姿勢を立て直して効かせることができたのでよかった。マイペースで最後まで滑りきれた。

手塚 二走
休みどころが少ないコースでのレースプランを考え直したい。かなりきついレースだった。できるレンジでベストなレースをできるように。

高野 三走
バタバタしたけど、耐えれた。大会期間中に徐々に滑りが雑になってしまっていたので、気を付けたい。

浅野 四走
今自分が持っている技術を出せたと思う。スーパーも気持ちよく乗れた。後半はバテたが、クイックのフォームを崩すことなく滑りきれた。3人とも1番に帰ってきたので、プレッシャーを楽しみながら滑った。やはりリレーは高揚感とスリルがあって良い。


チーム多国籍軍
堀 第1走
ダイアゴナルができないので、カッター外でランニングすることを前提にやや弱めのグリップにした。結果として渋ることがなく良かった。ただランニングをした分後半バテてしまった。次回のレースではダイアゴナルを使えるようにしたい。


細井 二走
2日前よりも落ち着いてDP、ダイアゴナルができたが、つなぎのところでメリハリをつけれなかった。下半身を使ったDPや下り前のピッチを上げたDPをレース後半でも使えるよう練習していきたい。
後半でどうしても筋力の疲労が溜まるので、力の抜いた滑りが速いペースでできるよう焦らずにもがいていこうと思う。


小林 4走
フリーよりも感覚よく滑ることは出来たが、ノンポールからスーパーへ、スーパーからクイックへのつなぎがスムーズに出来なかった。最後はバテてしまい、クイックの動きが悪かった。フォームの見直しが必要だと思った。

チームバナちゃん
橘 第一走
最初のマススタートで転んだ選手を避けきれず、ポールを折ってしまい、その後気持ちの整理のつかないままレースしてしまったこと。マススタートのとき、常に前の人が転ぶなどのリスクを考えるようにするべきだと感じた。あと、ダイアゴナルでバテて開脚、ランニングでペースダウンしたので、ダイアゴナルのピッチを下げて体力を温存出来るようにしたい。

白木 2走
5kmクラシカルでグリップが甘すぎたので、少し層を集めに塗った。やや甘くらいだった。下りの板操作は前回の反省を活かしてうまく出来た。ダイアゴナルを落ち着いてレースで使うのは次の課題かと思った。

林 第4走
後半に自分を追い込めたのはよかった。下りで守った上に転んでしまったので、スピードを出したときの下りの板操作の練習が必要だと感じた。


チーム細マッチョ
中田 第1走
2日の5kmクラシカルの時よりはグリップが効いて、ダイアゴナルができていたのでよかった。後半になってもダイアゴナルでしっかりと前に大きく足を出せるよう意識していきたい。ダブルポールも、疲れてきても下半身を意識しておこなっていきたい。また、下りのカーブで守ってしまったので板操作が出来るよう練習していきたい。

岡田 4走
他の人のレースを見ているうちに体が冷えて全く体が動かなかった。その結果早々にバテてしまいずっと体がブレていた。次回以降はリレーで自分が走るタイミングも考えてアップするようにする



2020010617450679f.jpg


202001061745439dd.jpg


男子は走順もハマってチームとしては会心のレースができたと思います。まじでクラシカル勢に感謝。

リレーって滑る前のやる気が凄いけどレース中は個人レースより体が重くなるような考えがポンポン出てきて困ります。だがしかし前二人のおかげでそれも含めて楽しめたので良かったです。アルペン1年生は助っ人参戦あざす!
音威子府の合宿から九大戦にピークを合わせられるように量や強度を自分なりに考えてましたがまだまだ改善点がいっぱいあるので、インカレではもっといい滑りが出来るように頑張ります!

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
新年明けましておめでとうございます。
元旦のブログはランナー2年バナこと橘がお送りします。

本日は明日のレースに向けて、各自restをとったり調整を行ったりしました。僕はスケーティングでコース確認と出来る限りのフォームの見直しを行いました。

紆余曲折ありましたが明日からいよいよ九大戦が始まります。
明日の競技は女子5kmSK、男子10kmSK、女子5kmCL、男子5kmCLです。

シードの方もオープンの方も皆やる気をみせてとても良い雰囲気です。
このやる気で明日の試合も乗り切り、今年も無事九大戦連覇出来たらと思います。

皆さま応援のほどよろしくお願いいたします。

追記
本日大坪君のご両親からお菓子の差し入れが届きました。
大坪くんのお父様お母様、差し入れありがとうございます。
↓差し入れと堀くん
20200101214240c42.jpeg
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
お疲れ様です。
ねっぷ3年目を終えた高野です。
15キロレースのダメージがお腹に来ているなか書いております。

今日は学ちゃん最終日ディスタンスフリーでした。

まずは結果です。

20191223172837889.jpg

20191223172913fcb.jpg

2019122317295781b.jpg


以下反省です。

島田
練習でできないことは本番でできないなと思ったレースだった。平地からの下り、下りからの上りなどさまざまな場面でのつなぎが下手である。板を前に出そうとして、結果足だけ先に行ってしまい後傾になってしまっていた。足の真下から滑らし、足首から乗るということを京大のきららちゃんに教えてもらったので、それを活かして九大戦では今回より良い滑りをしたい。

高橋
初めての15kmだったので栄養補給を万全にして臨んだが、最後の方でつりかけたので水分補給をもっとしっかりしておくべきだった。下りで回復して登りで体力を使う感覚がつかめてきたので次につなげていきたい。後半でバテてしまった。スーパーをしっかり使えたのはよかった。

手塚尚吾
情けないレースでした。序盤はベースで得た感覚で滑れていましたが、後半体力的なキツくなり、結果ピッチが上がってしまい、足にきてしまいだめでした。もっとベースします。

岡田
ショートカットの下りの最後の曲がりで転んでしまった。下りでも足の力を抜きすぎないように気をつけたい。また、前半に比べて後半かなり楽に滑れるようになっていたので最初からその動きができるようにしっかりとアップをするようにする。技術的にはスーパーやクイックの動きの改善ももちろんだが、下りでエッジを立ててしまうといった小さなところでも差がついているように感じたので細かい所も意識して練習する。

白木
初盤から脛パンになったが、それ以降割と冷静に色々試して見た。クイック多めに、一旦ダブルポールしてみる、など試した。脛パンはなおらず、今度は腰が痛くなった。その原因については、今の段階で分からない。もう少し考える必要がありそう。
課題は漕ぐことの出来る位のくだりだなぁと感じました。

中田
初めての15キロだったが、とりあえず完走できてよかった。上りも3を除いてリズムよくできたと思う。3に関してはバテバテだった。ただ微妙な上りや平地で疲れもあってか、板に乗る時間が短くなり、スーパーやラピッドが雑になってしまった。また最後の方で足が攣りかけていて、水分をもっと補給しておくべきだったと感じた。今後は下り後の平地や緩い上り等でしっかり板に乗って、焦らずリズムよくスーパーやラピッドが出来るよう練習していきたい。

細井
何回も転んだのも、足がつったのも完全に自分の実力不足です。夏の練習が雪上だとうまく活かせず、情けない限りです。特に後半はフォームもつなぎもめちゃくちゃでした。
足の負担の少ない滑りを身につけてfreeを楽しめるようになりたいです。


下りで得たスピードを極力殺さないようにして、クイックもしくはスーパーにスムーズに切り替えることやクイックでポールと軸足の3点で同時に力を加えることを意識してレースに臨んだ。レース前半で既に体力を消耗して3の山の壁でかなり時間がかかったり、足をしっかり使って滑ることができず、スーパーも全く行えなかった。下りでもうまく板の操作ができず、加速が甘くなりがちだった。自分の体力不足を痛感した。クイックはレースを通して先ほど述べたことがそれなりに実戦出来たと思う。最後まで今の自分の力は出せたことはよかった。今後、技術的な部分を成長させられるように体力をつけていきたいと思う。


自分
今回の学ちゃんはスタート前にPolarをスタートさせるのを忘れ、1の山の下りでボタンを押そうとしてバランスを崩すという間抜けな事を2回しました。
15キロフリーのレースは久しぶりだったのですが、今までとは感覚が全く違いました。結構楽しかったです。もちろんすねパンになって、フォームも崩れる場面はありました。が、スケーティングの動きが体に染み付いてきている感覚というか、心拍が上がっても動き続けられる、ランニングのようななれた動きをした時の身体の反応に少し近づいたような気がしています。(個人的にはここに最も経験者との差があるのではと思う)
とはいえ、恩田さんに教えてもらった板の真上に乗る感覚はレース中全く無かったですし、ベースで滑っていてもたまにしかハマらないので、ここの精度を上げていきたいと思います。

今年もゲストハウスイケレにお世話になりました!とても快適でした!ありがとうございました!風呂前のババ抜き最高でした!(詳しくは細井まで)

長野に雪が降ることを祈りながら残りの日数陸上で過ごします……
やっと筋トレできる………!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:クロスカントリー
お疲れ様です、ランナー2年の岡田です。一昨日行われたクラシカルスプリントの結果と反省です。

まずは結果から
15770814390.png

15770814390.png

15770814560.png

続いて各々の反省です。
手塚尚吾
比較的いいつなぎでレースをすることができた。もう少しスライドを大きくできたらとも思う。カッターの選択も今後は気をつける
細井
スプリントだったため少し甘めのグリップで挑み、詰まることはなく適切な選択だったと思った。ダイアゴナルがアップの時と違いレースだとタイミングがずれてしまったことと、クローチングを長く組みすぎたことは反省点。DPで最後まで腹筋を使う感覚があったのは良かった。
高野
平地のダブルポールはもっと大きく前に乗り込み、ポールを前に突けた。開脚のピッチがディスタンスの時とあまり変わらないので、もっと速く動けるようにしたい。
白木
TTの反省を元に、はやいダイアゴナルのピッチを落ち着いて出来ないか考えてやってみた。焦ってバタバタするより落ち着いてすべった方がはやい事が体で少し感じられた。明日に活かしたい。
島田
ダブルポールは全身使ってできたと思うが、ポールをもっと垂直につけるとよかった。ダイアゴナルや開脚は焦るとグリップを効かせられず、ロスになってしまうことがわかった。一歩に大きく乗ることを意識して明日のディスタンスのクラシカルに臨みたい。
岡田
序盤の坂でもっと長くダブルポールできる場所で早々にランニングを始めてしまった。開脚も1歩が小さかったので大きく動くことを心がけたい。
高橋
グリップが効き過ぎて下りが遅くならないように少し弱めのグリップにしようと考えていた。カッターの中の状況を考慮してグリップを塗ったが、若干甘かった。登りの開脚は焦らず体を動かせたが、やはりダブルポールで焦って腕だけで押してしまった。明日は体をもっと使って一回のダブルポールで進む距離を伸ばしたい。
中田
上りに入った所でうまくダイアゴナルが出来ず、カッター外に出たものの焦りもあって大きく失速してしまい、結果無駄な体力を消費してしまった。最後の平地のダブルポールも腕だけでしていた。焦らずリズムを作りながら走れるよう意識し、疲れても全身でダブルポールできるよう心掛けていきたい。

上りから平地へのつなぎが自分の実力ではうまく出来なかった。また、後半に焦ってダブルポールのリズムが崩れてしまって上手く加速できなかった。クラシカルのdistance 10kmでは、後半でも1番身体の力を伝えられるようなダブルポールをすることを意識して行いたいと思う。

今回のスプリントで出来るようになったと思っていたことが出来なくて身についてないことがよく分かったのでこれからの練習でしっかりと身につけていこうと思います。それでは

15770815030.jpeg
| BLOG TOP |

 | BLOG TOP |  更に古い記事5件読む»»


copyright © Tohoku Univ. Ski Team all rights reserved.